駅ピアノで街を元気に【外房】

 昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、勝浦市で余生を暮らすことに決めたのは4年前。女性実業家として世界各国を訪れた際、駅や空港にあるピアノを通行人が楽しそうに弾いているのを目にし、感銘を受けたという。「自分が終の棲家の地として選んだ勝浦市でしたが、あまり活気がないのが気になっていました。そこで玄関口ともいえる駅にピアノを置き、まねき猫的な存在で観光客や移住者を増やし、勝浦市が芸術の街、文化的な街だと思ってもらいたというのが動機でした」と平野さん。また、例えば市内の子どもたちが実際にピアノに触れ、弾いている人がいれば静かにに聴き、拍手をするなどのマナーや五感を育てる場としても活用したいと考えている。 「気の向くままにあなたの音を奏でてください」と書かれた壁の前のピアノの色は赤。日本の国旗や情熱をイメージしたもので、海の波を五線譜に見立て、魚や鳥などのイラストも描かれてある。 市長や関係者が出席するオープニングセレモニーの後、さっそく市内の高校生や親子が「駅ピアノ」としてのスタートにふさわしい思い思いの曲を奏でた。ピアノ利用は7時から22時まで。


問合せ:勝浦市芸術文化交流センター
TEL.0470・73・1001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る