駅ピアノで街を元気に【外房】

 昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、勝浦市で余生を暮らすことに決めたのは4年前。女性実業家として世界各国を訪れた際、駅や空港にあるピアノを通行人が楽しそうに弾いているのを目にし、感銘を受けたという。「自分が終の棲家の地として選んだ勝浦市でしたが、あまり活気がないのが気になっていました。そこで玄関口ともいえる駅にピアノを置き、まねき猫的な存在で観光客や移住者を増やし、勝浦市が芸術の街、文化的な街だと思ってもらいたというのが動機でした」と平野さん。また、例えば市内の子どもたちが実際にピアノに触れ、弾いている人がいれば静かにに聴き、拍手をするなどのマナーや五感を育てる場としても活用したいと考えている。 「気の向くままにあなたの音を奏でてください」と書かれた壁の前のピアノの色は赤。日本の国旗や情熱をイメージしたもので、海の波を五線譜に見立て、魚や鳥などのイラストも描かれてある。 市長や関係者が出席するオープニングセレモニーの後、さっそく市内の高校生や親子が「駅ピアノ」としてのスタートにふさわしい思い思いの曲を奏でた。ピアノ利用は7時から22時まで。


問合せ:勝浦市芸術文化交流センター
TEL.0470・73・1001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る