毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パックをして冷凍庫に入れておけば1年くらいは保存する事が出来ると思います。
 使うハーブはローズマリー、タイム、セイジ、オレガノなど。豚のバラ肉と肩ロースをいつも半々ずつ用意します。塩胡椒、パウダー状にすり潰したハーブを肉の表面全体にすり込み、ビニール袋の中に入れて出来るだけ空気が入らない様に密封し、その状態で1週間程冷蔵庫の中に寝かせておきます。寝かせ終わったら燻製(スモーク)する日の前日に、今度は塩抜きをします(塩が沢山ついた状態では塩辛くて食べる事が出来ないので)。まず大きな鍋の中に肉の塊を入れ、水道の蛇口の下に置いたら蛇口をひねってほんの少しだけ水を流していきます。この時に折角擦り込んだハーブが流れ落ちない様に注意しなければなりません。それを7~8時間程そのままの状態に保ちます。次は肉の乾燥。肉が濡れていると燻製の煙が付着しないので肉の表面をしっかりと乾燥させます。室内であれば何処か水滴が落ちても構わない所に一晩干します。外であれば、カラスなどの鳥に狙われないようにネットなどに入れて軒下に吊るしておきます。
 燻製する日の朝、炭に火を入れて熱源を作り、自作のスモーカーをセットしその中で7時間あまり肉を燻します。長時間燻製する事によって煙の香りが強い、美味しいベーコンが出来上がります。使うチップはサクラ、リンゴ、ヒッコリーなど。チップの種類によって香りが違いますが、その時の気分によって決めています。燻製している間はいつも畑作業やガーデニングをし、時々温度をチェックしながら出来上がりをゆっくりと待ちます。出来上がった手作りベーコンは温かく、香りが強くて何とも言えない味わいがあります。

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る