こでまりの夢 ~親指~

 手をじゃんけんのパーの形にすると、親指以外は正面を向いているのに対して、親指だけは、他の4本の指の方を向いています。親指は「親」を表し、他の指は「子ども」を表しているのだそうで、親はいつでも子どもを見守っている姿を現しているのだそうです。

 また、何かを頑張る時には、じゃんけんのグーの形にした拳をつくりますね。この時は、親指は外側になって他の指を守っているように見えます。この姿は、いざという時には、親が子どもを守る姿なのだそうです。親はいつでも、子どもを見守り、いざという時には子どもを守る姿を親指が示しているのだとしたら、人間を創造した神様の大きな親心のメッセージを感じます。

 先日、5歳の男の子が餓死した事件をニュースで知りました。乳幼児虐待のニュースを見るたびに、本当に可哀そうで心が痛みます。それは、虐待された子どもだけでなく、加害者である親の方も孤独だとしたら…。

 人生も子育ても、辛いことが多い世の中ですが、きっと自分を温かく見守ってくれている人が必ずいます。ひとりぼっちだと思った時には、パーの親指を、頑張ろうと思えた時には、グーの親指を見てほしい。あなたにも、見守ってくれている親のような存在の人がきっといるはずです。親心を忘れないで。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)

1965年生。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション㈱代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。社会福祉法人ありんこ会理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
Tel.0475・53・3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る