地場産を使った和食キッチンと、本格的日本茶の専門カフェ ~太陽ファーム キッチン&カフェ~【長生郡長柄町】

 長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『太陽ファーム キッチン&カフェ』がある。加工場は、自家製『ながら長生き味噌』などを作り、キッチンは、その味噌や塩麹の発酵食品と地元農産物をたっぷり使った和食レストランだ。カフェはお茶の美味しい淹れ方も分かる、本格的な日本茶専門カフェ店。
 運営は長柄町に本社がある太陽建設株式会社。町おこしに寄与したいと『ながら太陽ファーム』を立ち上げ、昨年『産直広場太陽』を長柄町山根にオープン。きのこ栽培の『長生ファーム・きのこランド』も運営し、自家製マイタケもキッチンで使われている。常務取締役の大木さんは「キッチン&カフェはもともと農産物直売所で、加工場も以前からありました。このふたつが閉まることになり、地元の農家さんが困ってしまうということで、当社が運営するそば屋『ながら長生庵』の隣に産直広場をつくり、加工場も引き受けました。その後、地元の新鮮な農産物と味噌などの加工品、和風の建物を活かした店作りを考え、キッチン&カフェのオープンになりました」と話す。
『ながら長生き味噌』は、地元産大豆『ふくゆたか』で作り、直売所でも人気。好評すぎて、熟成させておいた2年味噌がなくなりかけ、キッチンで出している味噌汁をスープに変えたという。「しかし、お客様から味噌汁にしてくれとの要望が強く、現在は味噌汁に戻しています」と大木さん。そのため、来年作る味噌は10tに増やす予定。「オムライスなどにも味噌が隠し味的に使われています。野菜は長柄町と長生郡市の農家さんが産直広場に持ってきてくれる新鮮なもので、甘みなど味が濃いのが特徴。自家栽培のマイタケも肉厚で香りがよい品です。ぜひその美味しさを味わってください」とのこと。メニューはすべてテイクアウトOK。
 キッチンと同じ建物内にあるカフェは、日本茶専門店ということで、静岡のお茶農家が丁寧に作った茶葉を厳選し、5種類を用意。同じ日本茶でも種類によって、湯の温度や量、蒸らし時間などを変えると、驚くほど味か変わるそうで、ここでは、こだわりの美味しい淹れ方や抹茶の点て方をレクチャーしてくれる。さらにその美味しい日本茶で作るラテやフルーツティー、濃厚ジェラートやケーキ、パフェなどのほか、お茶漬けもある。今年の夏からはフルーツや和菓子の盛り合わせ付かき氷も登場。店内は広く、大きな1枚板のテーブルや、小上がり、ソファ席などの配置もゆったり。飲物やジェラートなどはテイクアウトできる。また、キッチンでテイクアウトし、カフェで食べるのもOK。
 両店とも女性やファミリーに好評で、駐車場が広いことから、サイクリングやロードバイクを楽しむ人も立ち寄るという。最後に大木さんは「多くの方に長柄産の美味しい食材を知っていただける、町おこしの拠点のようなお店になって欲しいですね」と話した。

問合せ:太陽ファーム キッチン&カフェ 11~16時(ラストオーダー15時45分) 
第1(水)定休 長生郡長柄町山之郷337の11
Tel.0475・35・0066

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る