茂原市をロケの聖地に!官民一体の取組み ~千葉もばらロケーションサービス~【茂原市】

 茂原市は、映画やドラマの撮影支援組織の『千葉もばらロケーションサービス』を2018年10月に設立した。これまで市内で撮影された作品には、映画『浅田家!』、ドラマ『チア☆ダン』、日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』などの注目作がずらりと並ぶ。市は官民一体で『ロケツーリズム』に取り組み、ロケの実績を市の知名度向上と観光振興に繋げる素地を作り上げている。

地域活性化のために

映画『青くて痛くて脆い』展

『千葉もばらロケーションサービス』は、商工会議所や観光協会、警察など16団体が集まり、市を挙げて撮影隊の支援を行っている。事務局である茂原市役所企画政策課の渡部さんは、「茂原市には茂原公園の桜や茂原七夕まつりなどのイベントはありますが、どれも期間限定で天候にも左右されることから、1年を通じて茂原を楽しめる観光資源を作りたいと考えました」と、説明する。『ロケツーリズム』とは、映画やドラマのファンがロケ地を訪ね、人々の『おもてなし』に触れながら風景と食を堪能し、その地域のファンになること。ロケ隊受け入れで生まれる経済効果だけでなく、撮影後もロケ地を観光資源として活用することで様々な波及効果が見込まれる。  ロケの受け入れ先として茂原市が人気を得ている理由は、都心から車や、JRの特急で約60分と好立地であること。学校・病院・商店街・田園風景など変化に富んだ撮影場所を提供できること。そして、『千葉もばらロケーションサービス』のきめ細やかな受け入れ体制が挙げられる。今年1月末までのロケの問合せは1000件を超え、撮影決定件数は144件となった。

ロケ弁からエキストラまで

「創作スイーツ&フレンチレーヴ」のロケ弁

 ロケ地としての1番人気は、2020年3月に廃校となった旧西陵中学校だ。映画『そして、バトンは渡された』、ドラマ『刑事7人』などの話題作が次々と撮影されている。制作スタッフは、「都心から日帰りができることと、学校の撮影が平日に出来るのは非常に有難いです」と話す。『千葉もばらロケーションサービス』は、制作者が求めるロケ地の条件をもとに施設を探し、撮影の交渉も行う。エキストラは登録制で、現在2才から71才まで79名が活躍中。学校を舞台とした作品が多いので、高校生・大学生は大歓迎とのことだ。  宿泊や食事のサポートとしては、市内の業者をリストにして紹介している。2年前からロケ弁を提供している『創作スイーツ&フレンチレーヴ』代表の川崎佐知子さんは、「制作陣が楽しみにしているロケ弁なので、ボリュームと栄養バランスを考え肉料理と魚料理の2種類を用意します。リクエストに応えて野菜メインや韓国風にすることもあります」と話す。  撮影は早朝から深夜、土日祝日関係なく行われる。「現場スタッフが休みなく動き回っているので、私たちも暑さ寒さの中ほとんど立ったままで現場を見守ります」と、事務局の大塚さん。「撮影がスムーズに進むよう、公共の場のロケでは市民の皆さんに理解していただけるよう気を配っています」。ボランティアの『もばロケ☆ネギらい隊』は、地元の飲食店や宿泊業、郵便局など幅広い業種のメンバーからなり、現場への差し入れやご当地グルメの開発など様々な活動をしている。

ロケ地巡りへどうぞ!

製作発表にて 千葉もばらロケーションサービス関係者のみなさん

『千葉もばらロケーションサービス』の設立から約3年半、着実にロケ受け入れの実績を伸ばしている茂原市だが、撮影後の情報発信にも力を入れている。ロケ地マップを作成し、映画のパネル展なども行う。2月に行われたオンラインのロケ地ツアーには、約40名が参加した。「撮影作品が増えるにつれて、市民の皆さんに声を掛けていただくことが増えました。県外から往復6時間かけてイベントに来てくださった方もいらっしゃいます」と、事務局の三神さんは振り返る。出演俳優による情報発信も行われており、「茂原のロケ弁がとても美味しかった」という取材でのコメントや、ロケ地看板の写真のSNSへの投稿が注目を集めた。  これらの活動が評価され、2021年2月、映画やテレビドラマのロケ地に選ばれたことを活用し、効果的に魅力発信や活性化につなげている地域・企業を表彰する『第4回ロケツーリズムアワード』で、茂原市は地域大賞を受賞した。「今後も積極的に撮影支援を行い、実績を活用して『ロケの聖地』を目指します」と、渡部さんは抱負を語る。  3月27日(日)、茂原ショッピングプラザ・アスモで、「映画『今はちょっと、ついてないだけ』舞台挨拶&特別先行上映会in茂原市」を開催する。上映会は10時20分~、14時10分~、16時50分~の3回で、チケットは2千円。また、ロケ弁業者(茂原市内)、エキストラ(市内外不問)は随時募集中。それぞれ詳しくは、HPか電話にて問合せを。

 

千葉もばらロケーションサービス事務局(茂原市企画政策課内)
Tel.0475・20・1516
mail:suishin@city.mobara.chiba.jp

 

※写真提供:千葉もばらロケーションサービス

 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る