秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元にも視線を落とすようになりました。歩調もなるべく犬に合わせてゆっくりになったので、普段何気なく通り過ぎるような場所で気づかなかった事も、自然と視界の中に飛び込んでくるようになりました。

 秋の地面の上は自然のいろいろな宝物のオンパレード。厳しい夏を乗り越えてきた自らへのご褒美のように、辺り一面に広がって落ちています。薔薇の花びらのような形をした松ぼっくりや夕日の様に紅い色をした落ち葉、白波のような模様をした木々の枝など、どれひとつとして同じものがなく個性的でユニークな色や形をしています。それらをじっと見つめながら考えていると、次第に工作のアイデアが湧き上がってきます。木の実を使ったリース、草花を軒下に干したドライフラワー、落ち枝の曲がり具合を利用した玄関のドアの飾り付け…と色々な想像をします。

 お金など払わなくても想像力次第で素敵なものは作れます。むしろお金を使わない方が独創性は無限に広がり、世界中に一つだけの物を作る事ができるような気がします。一見女性の趣味のようなものでも、気にする事はありません。森の中では性別も年齢も関係なく、全ての人々の心を育んでくれるのですから。

 そのような訳で、今回は拾った松ぼっくりと庭に咲いている草花を利用してリースやドライフラワーを作ってみました。ドライにすると草花のまた違った一面が見え、色が完全に消えてしまうものもあれば、生花の時の彩りがそのまま残るものもあります。野に咲くススキなどと合わせてみるのも悪くないかも知れません。あまり上手な出来栄えではありませんが、それでも十分に楽しみながら作る事ができました。

 

◇長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る