再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてしまい、自分だけの趣味の空間を作るという名目にすっかり変わってしまいました。そうなると当然気合も十分、俄然やる気が湧いてきます。
 建設の手順を簡単に説明すると、まずは基礎工事から。地面を圧搾し、砂利や砂を撒いてブロックを置き、水平にするために何度も調整を繰り返し、納得したらモルタルで固めていきます。その上に防腐剤入りの根太と呼ばれる木材で枠を作り、その上に柱を組み立てます。
 次は屋根。基礎となる数本の垂れ木を固定したら、その上から合板を貼り、ルーフィングと言うシートを敷き、またその上からシングルスと言うアスファルト製の瓦の役目をする材料を、専用の釘で下方から順番に重ねながら打ち付けていきます。そして再び壁。合板を貼り、その上から防水シートを巻き、更にその上から外壁材を下方から順に打ちつけます。その後、ウッドデッキを設置し、入り口のドアを取り付け、外壁の四隅やヘリに飾り板を貼り、窓を取り付け、最後にペンキで塗り上げたら完成です。
 今年の春に作った1.5畳の物置小屋よりは3畳と2倍の大きさなので、重量的に少しばかり大変でしたが、それでも経験値が上がったせいか悩むことも少なく、順調に作業が進んでいます。完成まではさらに1〜2カ月程度はかかるとは思いますが、完成後のそこでの時間を思うと心が踊ります。
 小さな空間ですが1人で趣味を満喫するには十分な広さだと思います。なるべく機能性を持たせながら、部屋の中も外も沢山の植物に囲まれた素敵な空間を作っていくつもりです。自分だけの隠れ家で読書をしたり、フラワーアレンジメントをしたり、自然の材料を使ってクラフトワークを楽しんだりと、未来に向けて想像の蕾は益々膨らんでいきます。

 

◇長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る