古典を楽しく学ぼう!

古典を楽しく学ぼう!

1月23日、南総公民館2階視聴覚室では「八重むぐら 茂れる宿の」と歌の朗読が始まった。百人一首の恵慶法師の一首だ。毎月第3水曜日に活動している『古典の会』は、古典の学習を通して古典の楽しさや魅力をたくさんの人に知ってもらおうと、平成8年に設立された歴史あるサークル。既に「世界最古の長編小説」と言われている源氏物語、枕草子や徒然草などを学び、現在学習しているのが百人一首。
まずは、講師の元高校教師吉田千尋さんが見本にと一首を読み始め「はい、どうぞ」と皆が続く。手元には参考にしている『新小倉百人一首』のテキストがあり、主旨、歌の意味、作者等が書かれている。黒板には名所や人物名などポイントとなる部分だけを書き、あとは吉田さんが独自に解釈したわかりやすい説明と続く。時折、歌人や歴史にまつわる秘話で盛り上がりすぎて主旨から外れることもあったが、それもまた魅力のひとつだ。
説明を終え「わからないことはありますか?」の問いに、少し黙り込むと「今帰りたいというのはだめですよ」との思わぬ一言に、教室内からは笑いが起きた。
今回は、恵慶法師から始まり、源重之、大中臣能宣の一首で終了。
メンバーは「古典を学ぶことが楽しい」、「先生の解釈が面白い」、「ユーモアがある先生で楽しい」と古典好きなベテランから初心者までと幅広い。
「古典はスリルとサスペンスです」と吉田さんが言うように、2時間の楽しい時間はあっという間に過ぎていった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る