古典を楽しく学ぼう!

古典を楽しく学ぼう!

1月23日、南総公民館2階視聴覚室では「八重むぐら 茂れる宿の」と歌の朗読が始まった。百人一首の恵慶法師の一首だ。毎月第3水曜日に活動している『古典の会』は、古典の学習を通して古典の楽しさや魅力をたくさんの人に知ってもらおうと、平成8年に設立された歴史あるサークル。既に「世界最古の長編小説」と言われている源氏物語、枕草子や徒然草などを学び、現在学習しているのが百人一首。
まずは、講師の元高校教師吉田千尋さんが見本にと一首を読み始め「はい、どうぞ」と皆が続く。手元には参考にしている『新小倉百人一首』のテキストがあり、主旨、歌の意味、作者等が書かれている。黒板には名所や人物名などポイントとなる部分だけを書き、あとは吉田さんが独自に解釈したわかりやすい説明と続く。時折、歌人や歴史にまつわる秘話で盛り上がりすぎて主旨から外れることもあったが、それもまた魅力のひとつだ。
説明を終え「わからないことはありますか?」の問いに、少し黙り込むと「今帰りたいというのはだめですよ」との思わぬ一言に、教室内からは笑いが起きた。
今回は、恵慶法師から始まり、源重之、大中臣能宣の一首で終了。
メンバーは「古典を学ぶことが楽しい」、「先生の解釈が面白い」、「ユーモアがある先生で楽しい」と古典好きなベテランから初心者までと幅広い。
「古典はスリルとサスペンスです」と吉田さんが言うように、2時間の楽しい時間はあっという間に過ぎていった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る