ふるさとビジター館

ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 小さくとも可憐なヒメハギ

 枯草で一面になった崖に何か芽生えていないかと眺めていた。崖といっても急こう配に造成された法面で、上には林が広がり、自然豊かな所である。
 日当たりが良い所に、ハギ(萩)の枝をミニチュア化したかのようなとても小さな茎が出ているのに気付いた。太さ1ミリもない茎は、赤褐色で細くてかたく、高さは5センチほど。大きさ1センチに満たない葉は、碧々して互生の卵型。小さくとも枯草ばかりの中にあっては、碧さが目立った。3株見つけたが葉と茎だけで、花はもう終わったのか、まだなのか、葉だけでは種類の同定ができなかった。
 4月になってようやく花が咲いているのに気付いた。淡紅色の筒状の花で、先端は白っぽい房状、両脇の花びらのような萼片も淡紅色。1センチに満たない小さな姿は可憐で美しく、まるで鳥が飛び立つようだ。ヒメハギ(姫萩)という名前だった。
10センチほどに伸びた茎が数本出ていた。
 常緑の多年草なので、放っておけば高さ30センチぐらいの株になるようだが、定期的な草刈りが行われる場所なのでそこまで育たないようだ。花が咲く時期には、周りの草が芽生えてあまり目立たない。よく訪れる場所であり、とても特徴のある葉と茎と花に今まで気付かなかったのは、その小ささにあったようだ。夏の始まりまで咲き続けるようだが、ほかの草に隠れて掻き分けて探さないと見つかりそうもない感じだ。
 暖かい日差しの日には、通勤、通学の道すがら途中で立ち止まったり、車から降りてほんの数分でも枯草を眺める余裕があれば、葉と茎だけでも見つかるかもしれない。その場所に目星をつけておけば、春に素敵な出会いが待っているでしょう。市原の自然はとても豊かなのだから。いつまでも大切に残していきたい。
ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る