みんなで運動、糖尿病をやっつけろ!

みんなで運動、糖尿病をやっつけろ!

 千葉労災病院の糖尿病患者会『ひまわり会』では年に数回、糖尿病療養チームの支援のもと糖尿病治療に関する勉強会をしており、食事会や運動などをテーマに役立つ教室を開催。患者だけでなく、家族や病院関係者、県内の糖尿病患者の会などたくさんの人たちが参加している。昨年開催した『糖尿病在宅運動療法~マット1枚ニコニコ運動始め』には約50名が労災病院の体育館で糖尿病と付き合うための運動を楽しく学んだ。
 講師は国際武道大学の前学長篠田基行さん(76)。自らも糖尿病で千葉労災病院に通院。ある時主治医の糖尿病・内分泌内科部長三村正裕さんと糖尿病の治療にとって体を動かすことがどれだけ大切か語り合い、じゃ、体操を皆にひろめようじゃないかと意気投合。ひまわり会で披露する運びとなった。
「糖尿病の方には治療と共に適度な運動が必ず必要になります。ただ、運動と言ってもどうやって体を動かせばいいかわからない人が多い。篠田先生はその運動をわかりやすく、楽しく教えてくれます。一緒に楽しんでみてください」と三村さん。
 体操は基本的に無理をしない運動。気持ちよく楽しくいこうが基本。篠田さんは「疲れたら休んで。自分のペースでいい。ただ、動かせるところはしっかりと動かす。俺より若いんだから、ほら、頑張る!」と冗談を交えて参加者の笑いを誘う。お馴染みの歌謡曲にあわせてスキップしたり『手のひらを太陽に』に合わせて背筋を伸ばす。日常では使わないような筋肉に参加者たちは「いてっ」、「伸びる」と言いながらすっきりした感じだと口々に話す。「いつもそんなに汗をかかないのにすごく汗をかいてる」と満面の笑み。「糖尿病は完治はできませんが、薬や食事療法、運動療法で上手に付き合えば怖くないです。2年に1度しか開催できませんが、たくさんの方に参加していただきたい」と栄養管理室長の根本總子さん。皆で運動を共有した有意義な教室だった。     
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る