私だけのリメイクバック

私だけのリメイクバック

 4月5日(金)、五井公民館主催事業『リメイクを楽しむ 二枚蓋のバッグ(全3回)』が行われ19名が参加した。身近にある布を使って、自分だけのショルダーバッグを作る講座。今回は蓋部分の裏地が表に少し見えるのがポイントの収納も考えられたマチ付き。
 まずは講師の手芸家中西利江さんから材料の確認と裁断等の説明後、参加者は見本となるバッグの蓋内側ホックやポケットの位置などを確認しながら、自分が作りたいバッグのイメージを固めた。
 早速、用意されていた型紙を切った後、持参してきた布の上に型紙をのせ待ち針で留める。生地を型紙より2センチぐらい多めにとり裁断する。時々、柄の位置を考えて裁断するなどのアドバイスを受けながら、参加者たちは慣れた手つきで作業を繰り返した。
「接着芯を貼ってから印をつけて」と中西さん。接着芯を使用することで型紙どおりに仕上がるように変形を防ぎ、縫いやすくなる。はみ出した部分がアイロン台に付着してしまうので、布より少し小さめにカットする。貼るポイントはアイロンの温度は中温で、上から押し当てる感じで生地の裏表にかける。続いては、えんぴつなどで印つけをして終了。次回は表布を袋に縫う・裏布を作る等と続き、個性豊かなバッグが徐々に出来上がっていく。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る