市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.5

峯尾京吾 (キャッチャー)(写真右)
茂原市立冨士見中学校3年
「キャッチャーは難しいけど、やり甲斐のある面白いポジションだと思う。ポニーに入り、身長は10センチ以上伸び、肩も強くなった。まだ今季も夏の全日本大会、マリーンズカップ、コルトと3大会あるので、チーム一丸となって、一戦一戦大切に戦っていきたい。応援よろしくお願いします!ポニーではコーチが悪い所をしっかり指摘してくれ、家では野球をやっていた父がバッティングや試合のつくり方などをアドバイスしてくれる。これからの時期、練習中に夏バテしないよう、朝早く起きてバットを振ったりしてます」

那須勇哉(サード)(写真左)
泉谷中学校3年
「ポニーに入って良かったと思うのは、コーチが大勢いて分からないことも丁寧に教えてくれること。そして、最後まであきらめない気持ちを持つようになったこと。あと今の仲間が最高です!家では父が素振りをみてくれ、母は弁当作りや送迎をしてくれ、試合には必ず応援に来てくれる。嬉しいです。残り3大会は優勝目指して頑張りたい。望洋高校野球部で甲子園を目指し、将来は野球をやる人をサポートする仕事に就きたい。中学では体力づくりと速く走れるようにと陸上部に。いいなと思うタレントは本田翼」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る