市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.5

峯尾京吾 (キャッチャー)(写真右)
茂原市立冨士見中学校3年
「キャッチャーは難しいけど、やり甲斐のある面白いポジションだと思う。ポニーに入り、身長は10センチ以上伸び、肩も強くなった。まだ今季も夏の全日本大会、マリーンズカップ、コルトと3大会あるので、チーム一丸となって、一戦一戦大切に戦っていきたい。応援よろしくお願いします!ポニーではコーチが悪い所をしっかり指摘してくれ、家では野球をやっていた父がバッティングや試合のつくり方などをアドバイスしてくれる。これからの時期、練習中に夏バテしないよう、朝早く起きてバットを振ったりしてます」

那須勇哉(サード)(写真左)
泉谷中学校3年
「ポニーに入って良かったと思うのは、コーチが大勢いて分からないことも丁寧に教えてくれること。そして、最後まであきらめない気持ちを持つようになったこと。あと今の仲間が最高です!家では父が素振りをみてくれ、母は弁当作りや送迎をしてくれ、試合には必ず応援に来てくれる。嬉しいです。残り3大会は優勝目指して頑張りたい。望洋高校野球部で甲子園を目指し、将来は野球をやる人をサポートする仕事に就きたい。中学では体力づくりと速く走れるようにと陸上部に。いいなと思うタレントは本田翼」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る