『溶接人杯』でグランプリ受賞

鉄に思いを込めて
『溶接人杯』でグランプリ受賞

 リタイヤ後の趣味として始めた溶接作品づくり。市原市北国分寺台に住む木下宏昭さん(70)が長柄町のアトリエ『きの鉄工房』で鉄と向き合って7年が過ぎた。作業中は「友だちはラジオだけ」と笑う木下さんは、今年、日曜大工ならぬ日曜溶接を楽しむ人たちのコンテスト『第5回溶接人杯』(スター電器製造株式会社主催)に腕試しにと作品を出品した。
 そして、東日本大震災を経験し、一日も早い復興を願う気持ちを込めた作品『急がねば、再生』は、ネット投票を経て最終5作品に残り、神奈川県鎌倉市の会場に展示され、来場者と審査員の投票により見事グランプリを受賞した。
「最終5作品に残った時点で気持ちは大満足でした。雨風で傷んだ巣を女郎蜘蛛が再生しようとする様に、いまだ復興が進まない被災地が早く再生されるよう願いを込めて製作しました。微力ですが、作品を見て少しでも勇気を持ってもらえればうれしいです」と話す木下さんだが、80センチほどの大きさにしては、鉄で表現した蜘蛛の糸が細くインパクトが弱いのではと心配したという。しかしその心配は杞憂に終わった。審査員からは、鉄で作ったとは思えないその蜘蛛の巣の柔らかさと、細かい作業を施した女郎蜘蛛とのバランスの良さが高い評価を得た。
「これまでひとりでコツコツと作品づくりを続けてきましたが、グランプリをとれたことで溶接をされている方々とつながりができ、仲間が増えるのではと感じることができました」。そして、「私が死んだら作品たちはただの鉄くずです。もし欲しいという方がいて、私と同じくらい、それ以上に大事にしてもらえるのならお譲りしてもいいかなと考えが変わった」という。
 そこで、7月1日(月)から7日(日)まで、御宿町のギャラリー『カッテンマ』で、彫金・七宝歴40年という奥様喜代美さんと『初めての二人展』を開催することを決めた。喜代美さんの銀・銅・七宝・ボトルの作品と、クスッと笑えるおかしさを作品に込めてきたという木下さんのチャーミングな鉄のオブジェの共演だ。「かみさんのほうがキャリアが長いので、私の作品の影が薄くなってしまう(笑)」と話すが、木下さんの作品づくりに拍車がかかることは間違いないだろう。

問合せ 木下宏昭さん
TEL 080・5411・1165

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る