『溶接人杯』でグランプリ受賞

鉄に思いを込めて
『溶接人杯』でグランプリ受賞

 リタイヤ後の趣味として始めた溶接作品づくり。市原市北国分寺台に住む木下宏昭さん(70)が長柄町のアトリエ『きの鉄工房』で鉄と向き合って7年が過ぎた。作業中は「友だちはラジオだけ」と笑う木下さんは、今年、日曜大工ならぬ日曜溶接を楽しむ人たちのコンテスト『第5回溶接人杯』(スター電器製造株式会社主催)に腕試しにと作品を出品した。
 そして、東日本大震災を経験し、一日も早い復興を願う気持ちを込めた作品『急がねば、再生』は、ネット投票を経て最終5作品に残り、神奈川県鎌倉市の会場に展示され、来場者と審査員の投票により見事グランプリを受賞した。
「最終5作品に残った時点で気持ちは大満足でした。雨風で傷んだ巣を女郎蜘蛛が再生しようとする様に、いまだ復興が進まない被災地が早く再生されるよう願いを込めて製作しました。微力ですが、作品を見て少しでも勇気を持ってもらえればうれしいです」と話す木下さんだが、80センチほどの大きさにしては、鉄で表現した蜘蛛の糸が細くインパクトが弱いのではと心配したという。しかしその心配は杞憂に終わった。審査員からは、鉄で作ったとは思えないその蜘蛛の巣の柔らかさと、細かい作業を施した女郎蜘蛛とのバランスの良さが高い評価を得た。
「これまでひとりでコツコツと作品づくりを続けてきましたが、グランプリをとれたことで溶接をされている方々とつながりができ、仲間が増えるのではと感じることができました」。そして、「私が死んだら作品たちはただの鉄くずです。もし欲しいという方がいて、私と同じくらい、それ以上に大事にしてもらえるのならお譲りしてもいいかなと考えが変わった」という。
 そこで、7月1日(月)から7日(日)まで、御宿町のギャラリー『カッテンマ』で、彫金・七宝歴40年という奥様喜代美さんと『初めての二人展』を開催することを決めた。喜代美さんの銀・銅・七宝・ボトルの作品と、クスッと笑えるおかしさを作品に込めてきたという木下さんのチャーミングな鉄のオブジェの共演だ。「かみさんのほうがキャリアが長いので、私の作品の影が薄くなってしまう(笑)」と話すが、木下さんの作品づくりに拍車がかかることは間違いないだろう。

問合せ 木下宏昭さん
TEL 080・5411・1165

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る