『うらじゃ』音頭って、何じゃ?

『うらじゃ』音頭って、何じゃ?

 6月30日(日)、三和コミュニティセンター主催で、三和中学校の生徒らによる『うらじゃ音頭』の練習会が開かれた。『うらじゃ』とは、岡山県岡山市で行われる夏祭りで踊られる音頭、またはそれに使われる楽曲のことで、桃太郎伝説に登場する鬼神『温羅』が踊るものとされる。
 小さな輪からだんだんとみんなが手を繋ぎ、大きな輪になっていく踊りの内容はリズミカルで地域を盛り上げるにはもってこいだ。この日、体育館には同中学生の他に、卒業生や保護者、小学生も集まった。様々な色の衣装を身に纏った中学生たちが、集まった人々と5、6人のグループを作り、それぞれの輪の中心となって踊り方を丁寧に教えていく。
 三和中学校の教師で『うらじゃ』を含め数々の踊りを生徒たちに教えている生稲勇さんは、「踊りを通して特別大きな何かを学んで欲しいとか、難しい策略はない。踊りはコミュニケーションをとるには抜群のもの。男女、学年関係なく手を繋いでいる。みんなが輪になってくれれば嬉しい」と話す。
 一際大きな声を出し全身で体を動かす生稲さんに釣られるように、生徒達のテンションもますます上がっていく。音頭は動きに合わせて『手、肩、肩』、『平泳ぎ』、『上、上』など声をかけていくので、初めてでもすぐに踊れてしまう。
 参加した同中2年女子は、「難しいところはない。違う学年の色んな人と手を繋ぎたい」と笑顔。『うらじゃ音頭』は7月27日(土)、同センターで開催される三和地区盆踊り大会で披露される予定。ぜひ参加して輪になってみたらいかがでしょう。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る