『うらじゃ』音頭って、何じゃ?

『うらじゃ』音頭って、何じゃ?

 6月30日(日)、三和コミュニティセンター主催で、三和中学校の生徒らによる『うらじゃ音頭』の練習会が開かれた。『うらじゃ』とは、岡山県岡山市で行われる夏祭りで踊られる音頭、またはそれに使われる楽曲のことで、桃太郎伝説に登場する鬼神『温羅』が踊るものとされる。
 小さな輪からだんだんとみんなが手を繋ぎ、大きな輪になっていく踊りの内容はリズミカルで地域を盛り上げるにはもってこいだ。この日、体育館には同中学生の他に、卒業生や保護者、小学生も集まった。様々な色の衣装を身に纏った中学生たちが、集まった人々と5、6人のグループを作り、それぞれの輪の中心となって踊り方を丁寧に教えていく。
 三和中学校の教師で『うらじゃ』を含め数々の踊りを生徒たちに教えている生稲勇さんは、「踊りを通して特別大きな何かを学んで欲しいとか、難しい策略はない。踊りはコミュニケーションをとるには抜群のもの。男女、学年関係なく手を繋いでいる。みんなが輪になってくれれば嬉しい」と話す。
 一際大きな声を出し全身で体を動かす生稲さんに釣られるように、生徒達のテンションもますます上がっていく。音頭は動きに合わせて『手、肩、肩』、『平泳ぎ』、『上、上』など声をかけていくので、初めてでもすぐに踊れてしまう。
 参加した同中2年女子は、「難しいところはない。違う学年の色んな人と手を繋ぎたい」と笑顔。『うらじゃ音頭』は7月27日(土)、同センターで開催される三和地区盆踊り大会で披露される予定。ぜひ参加して輪になってみたらいかがでしょう。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る