ハイドロカルチャーで観葉植物を育てる

ハイドロカルチャーで観葉植物を育てる

 7月18日(木)、加茂公民館主催で『ハイドロカルチャー』講座が開かれた。参加者は7名。ハイドロとは『水の』、カルチャーは『耕す』という意味。つまり、ハイドロカルチャーとは、1600度ほどで土を焼き固めたハイドロコーンを使って、植物を育てることである。一度使ったハイドロコーンは汚れてしまう。しかし、ザルにあけてゴミなどを取り除き、水で洗うことでもう一度同じように使うことができる。きちんと処理をすれば再利用可能な経済的な一品なのだ。
 講師は下中和夫さん。「ころころと丸いハイドロコーンは水はけがよく、空気が出入りすることで根も呼吸ができる。水位計も買ってきちんと調節するか、水をあげる目安は葉がしんなりとして元気がなくなったらで充分。容器の底に水を溜めるので腐らせないようにすること」と下中さん。参加者には、すでに植物の生成を助ける肥料が入れられている大小2つのケースが配られた。そこに、容器の上2センチほど残し、植物をハイドロコーンで埋めていく。植物はアスパラを含む観葉植物3種類。「埋めるのは簡単だけど、枯らさないように育てるのは難しそう」という参加者に、下中さんが「直射日光は葉やけするのでよくないし、違う方向から均等に光を浴びられるよう日によって向きを変えて置く。また観葉植物は熱帯の物で、冷暖房の強いところはよくない。植物と毎日会話してあげて」とアドバイス。 
 敷物の上に乗せて玄関に飾るなどすれば、落ち着く空間がひとつ増えそうな気配!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る