ハイドロカルチャーで観葉植物を育てる

ハイドロカルチャーで観葉植物を育てる

 7月18日(木)、加茂公民館主催で『ハイドロカルチャー』講座が開かれた。参加者は7名。ハイドロとは『水の』、カルチャーは『耕す』という意味。つまり、ハイドロカルチャーとは、1600度ほどで土を焼き固めたハイドロコーンを使って、植物を育てることである。一度使ったハイドロコーンは汚れてしまう。しかし、ザルにあけてゴミなどを取り除き、水で洗うことでもう一度同じように使うことができる。きちんと処理をすれば再利用可能な経済的な一品なのだ。
 講師は下中和夫さん。「ころころと丸いハイドロコーンは水はけがよく、空気が出入りすることで根も呼吸ができる。水位計も買ってきちんと調節するか、水をあげる目安は葉がしんなりとして元気がなくなったらで充分。容器の底に水を溜めるので腐らせないようにすること」と下中さん。参加者には、すでに植物の生成を助ける肥料が入れられている大小2つのケースが配られた。そこに、容器の上2センチほど残し、植物をハイドロコーンで埋めていく。植物はアスパラを含む観葉植物3種類。「埋めるのは簡単だけど、枯らさないように育てるのは難しそう」という参加者に、下中さんが「直射日光は葉やけするのでよくないし、違う方向から均等に光を浴びられるよう日によって向きを変えて置く。また観葉植物は熱帯の物で、冷暖房の強いところはよくない。植物と毎日会話してあげて」とアドバイス。 
 敷物の上に乗せて玄関に飾るなどすれば、落ち着く空間がひとつ増えそうな気配!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る