ハイドロカルチャーで観葉植物を育てる

ハイドロカルチャーで観葉植物を育てる

 7月18日(木)、加茂公民館主催で『ハイドロカルチャー』講座が開かれた。参加者は7名。ハイドロとは『水の』、カルチャーは『耕す』という意味。つまり、ハイドロカルチャーとは、1600度ほどで土を焼き固めたハイドロコーンを使って、植物を育てることである。一度使ったハイドロコーンは汚れてしまう。しかし、ザルにあけてゴミなどを取り除き、水で洗うことでもう一度同じように使うことができる。きちんと処理をすれば再利用可能な経済的な一品なのだ。
 講師は下中和夫さん。「ころころと丸いハイドロコーンは水はけがよく、空気が出入りすることで根も呼吸ができる。水位計も買ってきちんと調節するか、水をあげる目安は葉がしんなりとして元気がなくなったらで充分。容器の底に水を溜めるので腐らせないようにすること」と下中さん。参加者には、すでに植物の生成を助ける肥料が入れられている大小2つのケースが配られた。そこに、容器の上2センチほど残し、植物をハイドロコーンで埋めていく。植物はアスパラを含む観葉植物3種類。「埋めるのは簡単だけど、枯らさないように育てるのは難しそう」という参加者に、下中さんが「直射日光は葉やけするのでよくないし、違う方向から均等に光を浴びられるよう日によって向きを変えて置く。また観葉植物は熱帯の物で、冷暖房の強いところはよくない。植物と毎日会話してあげて」とアドバイス。 
 敷物の上に乗せて玄関に飾るなどすれば、落ち着く空間がひとつ増えそうな気配!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る