市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.16

藤原裕介(キャッチャー・ファースト)(写真右)
八幡中学校2年

「レベルが高いポニーに入り上手くなりたいと思いました。ポニーに入って体力はついたし、礼儀なども身につけられたと思う。また、自分が野球を続けられるのは家族や周囲の人たちのおかげだと感謝の気持ちを持つようになった。部活では体力づくりにとバスケを。高校に入っても野球を続け、将来は審判とか野球に関わる仕事に就きたい。日本人にはない肩の強さや足の速いメジャーリーグのファン。守備が苦手だけどバッティングには自信があり、監督がポジションを変えてくれ、試合に出る機会が増えて嬉しい」       (談)

水野優人(ピッチャー・センター)(写真左)
千葉市立有吉中学校2年

「少年野球の先輩が大勢入っているのでポニーに入りました。ポニーでは指導者がたくさんいて、球の速さ、変化球、フォームなど色々と教えてくれるので、ピッチャーとして成長したと思う。バッティングも良くなった。好きな選手は自分と同じ左投左打の、巨人の内海と杉内。コントロールの良さやキレがいいところ。今までで嬉しかったのは柵越えのホームランを打った時。悔しかったのは、それがグランドが小さいからホームランじゃないと言われた時。将来のことはまだ考えていないけど、東海大望洋高校の野球部に入りたい」  (談)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  2.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  3.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  4.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  5.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  6.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  7.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  8.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…

ピックアップ記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る