ドン・ロドリゴを知っていますか?

ドン・ロドリゴを知っていますか?

 9月15日(日)、南総公民館主催『千葉に棲む文学人(全6回)』の第4回目が開催され、講師に翻訳家の岸本静江さんを迎えた。文学に於いて『自分の足もとを掘る』とは、自分の関心事を好きな形式で書くことであるという。「私の場合はスペイン語、郷土の歴史(御宿、大多喜)を知りたいということで、スペイン系メキシコ貴族ドン・ロドリゴの生涯をテーマに書いていこうと決めました」と岸本さん。
 ロドリゴは、1609年7月フィリピンでの総督の任を終えメキシコへ向けマニラ港を出航したが、9月に暴風雨に遭い約300人の乗組員と共に御宿に漂着。村民たちは海に飛び込み、乗組員たちを助け着物や食料を提供した。当時の様子を『日本見聞録』(ロドリゴ著)として今に残されている。「実は始めから日本に向かう目的だったようです」と岸本さん。積荷には日本向けの商品が約40トンも積まれ日本人も同乗していたという。
 地球儀を使い日本とフィリピンの位置と当時の航路を説明。当時の帆船というのは、風と海流まかせなので航海する時期も決まっていたという。ロドリゴは、日本に近いフィリピンに居るならと出航時期を遅らせ、兼ねてから憧れを抱いていた日本に向かおうと考えていたのではないかと語った。参加者たちはロドリゴの新たなる説を最後まで聞き入っていた。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る