市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.20

小倉征也(セカンド・ショート)(写真右)
千葉市立泉谷中学校2年

「兄がポニーに入っているので入りました。先輩との交流があっていいクラブ。体重は変わらないけど、身長は10センチ以上伸びた。今は腰を痛めてるので、早く治してAチームに上がり、ジャイアンツカップに出場するのが目標。自分のポジションは内野の要だと思っている。バッティングもしっかりとできる選手になりたい。好きな選手は松井稼頭央。色々なポジションで活躍できるから。高校に行っても野球は続け、将来は野球関係の仕事に就きたい。野球はルールが多くて頭を使う。その分、勝った時の喜びが大きいと思う」  (談)

高橋海斗(ピッチャー)(写真左)
千葉市立泉谷中学校2年

「イチローに憧れて小1から野球を始めました。ポニーへは硬式でレベルの高いチームをと入りました。ポニーに入り、投打共に球が飛ぶように速くなった。球の速さとバッティングは自信があります!平日は学校のサッカー部で毎日練習し、帰宅後はポニーのメニュー以外にも自主トレを。高校でも野球をやって卒業後はプロ入りしたい。できたら巨人に。目標とする選手は高橋由伸。ポニーでの嬉しかった思い出は、ケガした時や試合でエラーした時に先輩が励ましてくれたこと。リフレッシュ法は愛犬と遊んだり、よく眠ること」(談)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る