市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.21

大野達生(センター・ライト)(写真右)
國學院大學久我 山中学校2年

「小学校の時から野球が好きで、少年野球のチームに入りたかったけれど、中学受験の塾通いのため入れなかった。ポニーは自分のような初心者にも丁寧に教えてくれると聞いて入った。最初は試合の時、緊張していたのが今はAチームで試合を楽しめるほど成長できた。また、家族への挨拶など当たり前のことが当たり前にできるようになった。目標は、もらっている9番を定着できるように、そして常に試合に出られるように頑張りたい。野球をずっと続け将来は西武ライオンズに入りたい。好きなタレントは和風な感じの新垣結衣」  (談)

鴇田海大(外野手)(写真左)
五井中学校1年

「父が早朝野球をやっているのを見て興味を持って小1から野球を始めました。ポニーは体験で来て楽しかったので入った。入ってみて練習は厳しいけど楽しい。中学では足が速くなりたいと陸上部に入っている。少年野球ではピッチャーをやっていたけど、ポニーではほとんど外野。外野は後ろがいない分、大変。でも、目標は今一番下のDチームなので頑張ってAチームへ上がること。高校に入っても野球を続けて将来はプロになりたい。なれなくても野球に係わる仕事をしたい。憧れの選手はマー君。三振バンバンとるから」    (談)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る