カガミで古墳時代の人々の心を探る

カガミで古墳時代の人々の心を探る

11月24日(日)まで、袖ケ浦市郷土博物館で秋の企画展『上総の古鏡―カガミが語る古墳時代の心と形』が開催されている。日本の古墳時代を代表する出土遺物に銅鏡があるが、全国的に約5000面以上の存在が知られるなかで、千葉県で110面以上が確認されており、そのうち上総地方では約3分の2にあたる75点が出土している。
「今企画展の大きな目玉は袖ケ浦駅北口にある水神下遺跡で発見された重圏文鏡と小銅鐸。この2つが同時に同じ遺跡から発見されたのは袖ケ浦が初めて。ぜひその目で見て欲しい」と話すのは、企画担当者である諸墨知義さん。並べられた銅鏡を愛おしげに眺めながら、諸墨さんは続ける。「最近は銅鏡の種類や大きさによって、用途や持っていた人間の地位が分かるようになってきた。千葉では全長100メートルクラスの古墳はほぼ未調査なので豪族層の実態はよく分かっていない。が、出土する銅鏡の特徴から北部九州や瀬戸内の風習と似たものもあり交流や運ばれた由来が想像される。また中国では主に化粧道具として作られたが、日本では古墳に入れて葬式用具や副葬品として使用したので一代でなくなってしまった。その他に豪族の権力を誇示するブランド品として、そして邪悪なものをはねのけるマジカルな道具としても扱われていた。銅鏡は小銅鐸と入れ違いに南関東に入ってきたが、ヤマト王権が『天』に対する信仰を普及させるため配ったという見方もある」
大きさは一般的に中国鏡である舶載鏡は24センチ以下だが、日本製の倭鏡では30から40センチの超大型鏡も好んで作られたという。銅鏡の裏に描かれる文様も基本は同じだが時代により変化していった。「中国鏡は神仙思想を図像や吉祥句という文章で表現したが、倭鏡は漢字が文様のようになったり、時代が下がるにつれて神像、龍、虎などがイモムシや勾玉、記号のように変化してしまっている図像が多く見られる」と諸墨さん。
名称は特徴から名付けられるため、『捩文鏡』、『三角縁神獣鏡』、『海獣葡萄鏡』など一見難しいものが多い。だが、名前を頼りにどの文様がそれに当てはまるのかと探すのも楽しそうだ。現在は神社や文化財関係で鋳造による銅鏡の製造も行われているが、そのルーツとなった古代の文化に触れてみるのも興味深いだろう。
企画展では、関連イベントとして10月27日(日)13時から勾玉作りを行う予定で、申し込み不要、当日同館へ。また同27日(日)と翌11月16日(土)10時からと15時からの2回、ミュージアムトークを開催する。

問合せ 袖ケ浦市郷土博物館
TEL 0438・63・0811
http://www.sodegaura.ed.jp/sodehaku/index.htm

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る