今夏、リニューアルオープンした 市原湖畔美術館でアートな気分を満喫!

 今年8月、『水と彫刻の丘』が約2年間の改修工事を経て、『市原湖畔美術館』としてリニューアルオープンした。リニューアルにおいては、「環境・建築・アート作品が一体となった美術館」を目指して設計したということで、建物内外を巡りながら周辺の豊かな自然とアート作品が堪能できるロケーションを生かした美術館に生まれ変わった。
 館内には、常設展示室、企画展示室、多目的ホール、情報ラウンジ、エントランス兼ミュージアムショップ等があり、建物の外壁はLED照明でライトアップされ、夜間は幻想的で美しい雰囲気を醸しだす。
 別棟にある房総の食材を使ったピザがメインの食事を提供するカフェレストラン『ピッツェリア ボッソ』は湖畔の風景や夕陽などを眺めながら食事が楽しめ、テラス席での飲食もできる。ピザはもちろんジェラートやドリンク類などのテイクアウトメニューも用意されている。
 ここでしか手に入らないオリジナルグッズやエコ雑貨等を扱うミュージアムショップが受付になっており、エントランスコートで出迎えてくれるのは、KOSUGE1︱16の作品『Heigh︱Ho』。大きな穴だらけの白い物体は、美術館は呼吸しているとして、来館者の「モヤモヤ(二酸化炭素)とスッキリ(酸素)を交換して明日からの頑張りに」とのこと(夜間ライトアップ)。更に奥に立つ「監視員」、おもちゃの兵隊『Toy soldier』もKOSUGE1︱16作。人の気配がないと怠けてクタッとしてしまう。   
 常設展示室は日本を代表する銅版画家で、市原在住の深沢幸雄さんのアトリエを再現した深沢幸雄記念室となっており、深沢さんが作品制作のため開発した世界初の自動目立て機「チンタラ一世」や、カメラコレクション、美術資料等が提供され、奥壁面には映像も流れ、約20点の深沢作品の鑑賞と同時に創作の軌跡を辿ることができる(展示替え期間あり)。
 企画展示室では、11月4日までオープニング記念企画展として、『磯辺行久︱環境・イメージ・表現︱』が開催されていたが、11月23日から12月28日までは『第1回市原湖畔美術館こども絵画展』を開催。初日の23日10時からは子ども英語ワークショップを開催予定(参加費500円)。
 地下におりると、クワクボリョウタによる『Lost Windows』。暗闇に映し出される不思議な世界が展開している。また、1階からスロープを上がり屋上広場までのスペースは、ヴィト・アコンチ作『MUSEUM︱STAIRS/ROOF OF NEEDLES&PINS』。約700本のチューブをかき分け進んでいく(夜間ライトアップ)。他、日没後の鑑賞であるが、レストラン前での、星のこもれ陽体験『星ぶどう』(木村崇人)も。 
 体験型のイベントも開催し、今までにオリジナルテントや凧を作る『夏のこどもキャンプ』等のワークショップ、11月3日には美術館改修による変化を建築面からみた『建築ツアー』を開催した。今後のイベント予定については同館HPをチェック。
 来年3月に開催される『中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス』では中心的な施設となる湖畔美術館。深まりゆく秋をアートと共に感じられる美術館に是非出かけてみては。

問合せ 市原湖畔美術館(市原市不入75の1)
TEL 0436・98・1525
開館時間 平日10〜17時、土・祝前日の休日9時30分〜19時、日・祝9時30分〜18時。月曜休館。※祝日の場合は翌平日、年末年始。
入館料 開催中の展覧会により異なる。11月9日〜22日までは一般200円、大学・高校生・65歳以上100円、中学生以下無料。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る