未来に活かそう市原50年の文化

未来に活かそう市原50年の文化

 10月31日から11月4日まで、五井会館4階大ホールで市原市市制施行50周年記念『第52回市原市美術展覧会(市美展)』が開催された。
 会長の飯高和子さんは、「文化の香り高い市原市をという目的のもと、市原市美術界を結成し、以来半世紀余、次代を担う人間教育をも視野に入れて、市原市美術展を開催してきました。文化が歴史をつくる。今は心の時代。市民が交流できるギャラリーが生まれることが私たちの悲願です」と語った。
 開幕式には120人以上が参加し、会場には日本画・水墨、洋画、書、彫刻・工芸の4部門の会員や一般公募、高校生の作品が展示された。4部門通しての大賞は広岡志のぶさん(72)。母の日に家族から贈られた胡蝶蘭を描いた日本画作品。「喜びの感動が伝わってくる秀作」と評された。
 数々の魂の込められた作品の中でも、ひときわ目を引いたのが書部門(一般)で初出品ながら秀作賞を受賞した成田浩基さん(18)の『ぼく!!』。難病チャージ症候群を患っているが、生活介護事業所に通い、母親や祖母と一緒に書に親しんでいる。
 毎日書道展で毎日賞を受賞した橘由紀さん(28)は、50周年記念にもらったという雅号、由華で出品。唐宋八大家の一人、蘇東坡の詩を隷書で書いた作品だ。「格調高い」と飯高さんは評する。他、15歳から92歳までの幅広い年齢層の作品が会場を埋め尽くし、「絵画作品について言えば、自分は山歩きをするのですが、皆さんの自然の描写はすごい。あの景色をこう絵にしたんだと共感しました」と来場した野村亮さんは話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る