未来に活かそう市原50年の文化

未来に活かそう市原50年の文化

 10月31日から11月4日まで、五井会館4階大ホールで市原市市制施行50周年記念『第52回市原市美術展覧会(市美展)』が開催された。
 会長の飯高和子さんは、「文化の香り高い市原市をという目的のもと、市原市美術界を結成し、以来半世紀余、次代を担う人間教育をも視野に入れて、市原市美術展を開催してきました。文化が歴史をつくる。今は心の時代。市民が交流できるギャラリーが生まれることが私たちの悲願です」と語った。
 開幕式には120人以上が参加し、会場には日本画・水墨、洋画、書、彫刻・工芸の4部門の会員や一般公募、高校生の作品が展示された。4部門通しての大賞は広岡志のぶさん(72)。母の日に家族から贈られた胡蝶蘭を描いた日本画作品。「喜びの感動が伝わってくる秀作」と評された。
 数々の魂の込められた作品の中でも、ひときわ目を引いたのが書部門(一般)で初出品ながら秀作賞を受賞した成田浩基さん(18)の『ぼく!!』。難病チャージ症候群を患っているが、生活介護事業所に通い、母親や祖母と一緒に書に親しんでいる。
 毎日書道展で毎日賞を受賞した橘由紀さん(28)は、50周年記念にもらったという雅号、由華で出品。唐宋八大家の一人、蘇東坡の詩を隷書で書いた作品だ。「格調高い」と飯高さんは評する。他、15歳から92歳までの幅広い年齢層の作品が会場を埋め尽くし、「絵画作品について言えば、自分は山歩きをするのですが、皆さんの自然の描写はすごい。あの景色をこう絵にしたんだと共感しました」と来場した野村亮さんは話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る