未来に活かそう市原50年の文化

未来に活かそう市原50年の文化

 10月31日から11月4日まで、五井会館4階大ホールで市原市市制施行50周年記念『第52回市原市美術展覧会(市美展)』が開催された。
 会長の飯高和子さんは、「文化の香り高い市原市をという目的のもと、市原市美術界を結成し、以来半世紀余、次代を担う人間教育をも視野に入れて、市原市美術展を開催してきました。文化が歴史をつくる。今は心の時代。市民が交流できるギャラリーが生まれることが私たちの悲願です」と語った。
 開幕式には120人以上が参加し、会場には日本画・水墨、洋画、書、彫刻・工芸の4部門の会員や一般公募、高校生の作品が展示された。4部門通しての大賞は広岡志のぶさん(72)。母の日に家族から贈られた胡蝶蘭を描いた日本画作品。「喜びの感動が伝わってくる秀作」と評された。
 数々の魂の込められた作品の中でも、ひときわ目を引いたのが書部門(一般)で初出品ながら秀作賞を受賞した成田浩基さん(18)の『ぼく!!』。難病チャージ症候群を患っているが、生活介護事業所に通い、母親や祖母と一緒に書に親しんでいる。
 毎日書道展で毎日賞を受賞した橘由紀さん(28)は、50周年記念にもらったという雅号、由華で出品。唐宋八大家の一人、蘇東坡の詩を隷書で書いた作品だ。「格調高い」と飯高さんは評する。他、15歳から92歳までの幅広い年齢層の作品が会場を埋め尽くし、「絵画作品について言えば、自分は山歩きをするのですが、皆さんの自然の描写はすごい。あの景色をこう絵にしたんだと共感しました」と来場した野村亮さんは話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る