未来に活かそう市原50年の文化

未来に活かそう市原50年の文化

 10月31日から11月4日まで、五井会館4階大ホールで市原市市制施行50周年記念『第52回市原市美術展覧会(市美展)』が開催された。
 会長の飯高和子さんは、「文化の香り高い市原市をという目的のもと、市原市美術界を結成し、以来半世紀余、次代を担う人間教育をも視野に入れて、市原市美術展を開催してきました。文化が歴史をつくる。今は心の時代。市民が交流できるギャラリーが生まれることが私たちの悲願です」と語った。
 開幕式には120人以上が参加し、会場には日本画・水墨、洋画、書、彫刻・工芸の4部門の会員や一般公募、高校生の作品が展示された。4部門通しての大賞は広岡志のぶさん(72)。母の日に家族から贈られた胡蝶蘭を描いた日本画作品。「喜びの感動が伝わってくる秀作」と評された。
 数々の魂の込められた作品の中でも、ひときわ目を引いたのが書部門(一般)で初出品ながら秀作賞を受賞した成田浩基さん(18)の『ぼく!!』。難病チャージ症候群を患っているが、生活介護事業所に通い、母親や祖母と一緒に書に親しんでいる。
 毎日書道展で毎日賞を受賞した橘由紀さん(28)は、50周年記念にもらったという雅号、由華で出品。唐宋八大家の一人、蘇東坡の詩を隷書で書いた作品だ。「格調高い」と飯高さんは評する。他、15歳から92歳までの幅広い年齢層の作品が会場を埋め尽くし、「絵画作品について言えば、自分は山歩きをするのですが、皆さんの自然の描写はすごい。あの景色をこう絵にしたんだと共感しました」と来場した野村亮さんは話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る