白金小学校の児童 フィリピン台風で募金活動

白金小学校の児童、
フィリピン台風で募金活動

 市原市立白金小学校では11月20日から25日まで、児童会が主体となりフィリピンを襲った台風30号による被災者への募金活動を行った。全校生徒373人中、約60人の児童がフィリピン人の親を持つという国際色豊かな同小学校。親戚筋などの無事は確認できているが、フィリピンに帰省している児童もいる。
 提案したのは4年生の荒井光史郎くん。朝の授業開始前に児童会の役員が各教室を回り、「東日本大震災時に受けた支援への恩返しをしたいと考えます。募金にご協力下さい」と心のこもった大きな声で呼びかけると、児童たちは小銭を手に列を作った。「僕たちの活動が役に立つと思うとうれしいです。食糧や衣服が得られる手助けになればと思います」と児童会会長6年生の大江陽斗くん。
 また、同活動を知った卒業生や地域の住民、県外からも募金や応援の手紙が届いた。集められたお金は日本赤十字社を通してフィリピンの被災地に送られる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る