カラフル巻き寿司

カラフル巻き寿司

 昨年12月、千種コミュニティセンターで『太巻き寿司教室』が行われ、12名が美しい文様の『菊水』と『椿の花』の2種類に挑戦した。講師は地元の小学校などでも巻き寿司の指導を行っている市内在住の中村麗子さんと松本きよさん。
『椿の花』のレシピは次の通り。まずは花びら部分から。巻き簀の上に4分の1にカットした海苔を置き、中央に赤に着色した干瓢、その上に桃色のすし飯、更に白のすし飯をのせ、両手で巻き簀ごと持ち上げてコロコロ転がすようにして細く巻いたものを5本作る。花の形を作り、中心に黄色の干瓢を据えたらラップなどでまとめておく。
 次に葉と茎、つぼみの部分。全形の海苔の手前と奥を2センチほどあけて白のすし飯を広げ、手前3分の2くらいの範囲に、すし飯を盛って横長の山を3本作る。3分の2にカットした海苔を山の形に沿わせて被せる。手前の山裾、2つの谷にそれぞれ、緑色の干瓢、桜でんぶと細い緑色の干瓢、緑色の干瓢の順にのせ、奥の山裾に先ほどの花を置く。再び巻き簀ごと持ち上げ、白いすし飯を少し盛って巻き込み、形を整えたら出来上がり。 
 緑色の干瓢の代わりに茹でたほうれん草、黄色の干瓢の代わりに味噌漬けにした山ごぼうを使うのもいい。うまく巻くコツは、海苔の上に広げるすし飯を下がうっすらと見えるくらいに薄くすること。
 包丁で切ると現れた豪華な断面に「きれい!」と参加者から歓声があがった。千葉県の郷土料理でもある太巻き寿司、ちょっとしたおもてなしに作ってみてはいかが?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る