氷上の運動会で盛り上がろう! 市原市スケート協会

 寒い冬の真っ只中、皆さんは何をして過ごしていますか? こんな時こそ、ウインタースポーツとしてアイススケートはいかがでしょうか。
 近年、アイススケート場が減少していく中、恵まれたことに、市原市では冬期(12~2月)のみの期間ですが、姉崎スケート場がオープンしております。夏場は流水プール、冬場はスケート場として、体力向上には欠かせない施設です。
 市原市スケート協会では、少しでもアイススケートに親しんで頂くために、協会主催のスケート教室を12月、1月、2月に各1回ずつ実施。また、12~2月の期間中は、毎週(土)(日)に当スケート場にてスケートの指導も行っております。そして、2月上旬には市民スケート大会(市民体育大会スケート競技)を開催しています。この大会は、市内在住、在勤の小学生から大人の方までを対象とした大会です。
 今年は、2/2(日)に実施されますが、競技は小学生の部では300m(2周)、500m(3・3周)、中学生以上では500m(3・3周)、1000m(6・6周)のスピード競技、ふたり1組で手をつないで滑るペアー競技、家族リレー(3人1組)、そして、一番盛り上がる団体リレー等があります。
 団体リレーでは、小学生のチームを主体として、小学校チームや子供会、各種スポーツ仲間等5名1組のチームが例年参加し、楽しんでおります。小中学生を対象とした氷上アトラクションゲームも行っており、参加者全員に「お菓子」「文房具」を配りますので、皆さん大喜びです。今年は、市制施行50周年・体育協会設立50周年記念行事として行いますので、今まで参加したことのない方は、是非ご参加ください。
 また、皆様方の各種団体でスケートを教えて欲しいとの要望がありましたら、スケート協会の7名が公益財団法人市原市体育協会のスポーツ指導者バンクに登録しておりますので、体育協会(TEL 0436・42・7712)を通じて連絡頂ければと思います。スケートは小さなお子様からお年寄りまで、体に過剰な負荷がかからず気軽に出来るスポーツです。この機会に、アイススケートに触れてみませんか。 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る