氷上の運動会で盛り上がろう! 市原市スケート協会

 寒い冬の真っ只中、皆さんは何をして過ごしていますか? こんな時こそ、ウインタースポーツとしてアイススケートはいかがでしょうか。
 近年、アイススケート場が減少していく中、恵まれたことに、市原市では冬期(12~2月)のみの期間ですが、姉崎スケート場がオープンしております。夏場は流水プール、冬場はスケート場として、体力向上には欠かせない施設です。
 市原市スケート協会では、少しでもアイススケートに親しんで頂くために、協会主催のスケート教室を12月、1月、2月に各1回ずつ実施。また、12~2月の期間中は、毎週(土)(日)に当スケート場にてスケートの指導も行っております。そして、2月上旬には市民スケート大会(市民体育大会スケート競技)を開催しています。この大会は、市内在住、在勤の小学生から大人の方までを対象とした大会です。
 今年は、2/2(日)に実施されますが、競技は小学生の部では300m(2周)、500m(3・3周)、中学生以上では500m(3・3周)、1000m(6・6周)のスピード競技、ふたり1組で手をつないで滑るペアー競技、家族リレー(3人1組)、そして、一番盛り上がる団体リレー等があります。
 団体リレーでは、小学生のチームを主体として、小学校チームや子供会、各種スポーツ仲間等5名1組のチームが例年参加し、楽しんでおります。小中学生を対象とした氷上アトラクションゲームも行っており、参加者全員に「お菓子」「文房具」を配りますので、皆さん大喜びです。今年は、市制施行50周年・体育協会設立50周年記念行事として行いますので、今まで参加したことのない方は、是非ご参加ください。
 また、皆様方の各種団体でスケートを教えて欲しいとの要望がありましたら、スケート協会の7名が公益財団法人市原市体育協会のスポーツ指導者バンクに登録しておりますので、体育協会(TEL 0436・42・7712)を通じて連絡頂ければと思います。スケートは小さなお子様からお年寄りまで、体に過剰な負荷がかからず気軽に出来るスポーツです。この機会に、アイススケートに触れてみませんか。 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…
  2.  手口も多岐にわたり、被害が増え続けている「電話de詐欺」。昨年、全国で親族をかたるオレオレ詐欺被害に関する調査が行われた。対象は、被害者…
  3.  毎月第1日曜のみ。大多喜町の小さなチーズ工房【千】sen の営業日だ。「ひとりで作る数には限界がある。量を増やして質が落ちたりしたら本末…
  4. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  5.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  6. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  7.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る