「目標は、関東女子サッカーリーグ1部昇格、2年後にインカレ出場!」

帝京平成大学女子サッカー部

「健康・医療・スポーツ」をキーワードにした教育・研究を具体的に進めることを目標にハード面(施設)の充実をしてきた市原市にある帝京平成大学。充実した施設の活用を更に推し進めるため、昨年4月、女子サッカー部を創設した。県内では4チーム目の大学女子サッカー部となる。
部員を率いるのは千葉県長生郡出身の片岡操監督(52)。日本サッカー協会公認A級ライセンスを保持し、ジェフユナイテッド市原・千葉育成組織で指導実績があり、明海大学サッカー部や千葉県国体選抜成年男子での監督も務めた。同時に、コーチ2名(竹内康弘、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース所属櫻本尚子)とトレーナー9名が現場で選手をサポートする。練習場所のうるいどグラウンドは、イタリアのユベントスやASローマなどで採用されている、世界で最もクオリティーが高いとされる人工芝のサッカーグラウンドだ。
 1、2年生の部員14名は、ほぼ毎日練習に励み、日曜日には公式戦に参戦したり練習試合を行っている。ほとんどの部員はサッカー経験者だが、まだできたばかりのサッカー部。現在は関東女子サッカーリーグ2部で、取材時には2部13チーム中8位。片岡監督は、「1年生が多いにも関わらず、よく奮闘したと思う。来季は1部昇格を目指したい。全員がボールをつなぎ、動かし、見る人をワクワクさせるチームにしたい」と話し、キャプテンの大山さんは「目標は2年後にインカレ(全日本大学サッカー選手権)出場!」と意気込む。
 部員の皆さんに入部の理由を尋ねると、大半は「環境がいい」、「医療系の勉強をしながらサッカーができる」とのこと。自己紹介代わりに、好きなサッカーチームと憧れの選手を答えてもらった。(五十音順)新井「アイナック神戸。近賀ゆかり。プレーを尊敬している」伊藤「中村俊輔。キックの精度」上村「マンUの香川。膝下の速さ」太田「自分と同じキーパーの川島。判断の速さ」奥村「長谷部。最後まであきらめない、周りを見ながら気を遣ってプレーする、キャプテンの自覚を持ってプレーしている」大山「中村俊輔。キック力」門脇「同じ高校だった宮間あや」齋藤「チェルシーFCのフェルナンド・トーレス。突破力と決定力。同じくチェルシーFCレディースの大儀見優季」佐藤「香川。身体の使い方」菅生「チームは小さい頃から応援に行っていた鹿島アントラーズ。好きな選手はFCバルセロナのイニエスタ。足もとの上手さ」髙林「柿谷。積極的にシュートを打つ」目黒「インテルの長友。運動量と頑張るところ」吉田「インテルの長友。持久力」
 アスリート育成やスポーツ医療・科学分野などに力を入れる同大は、女子サッカー部創設を機に、昨年秋、日本代表なでしこジャパンFW大儀見優季選手(英・チェルシー所属)とアドバイザリー契約を結んだ。調印式と講演会で、大儀見選手は「大学の女子サッカーに対するバックアップが整えられており、自分の経験を育成年代の選手に直接伝えることで、未来の『なでしこ』を生み出し、今後の女子サッカー界の発展に貢献できると思った。また、帝京平成大学では、トレーナーや指導者を養成するスポーツ関連の学科があり、加えて柔道整復、理学療法学科などスポーツに関わる様々な医療系の資格が取得できる。トップアスリートとしての経験、ケガからの復帰の経験を、未来のスポーツを支える大学生たちに伝えていきたい」などと語った。2年契約で技術指導の他、学生向けの講演会や地域イベントを計画している。
 キャプテンの大山さんは、「私たちのチームは、まだ人数も少ないし個々の力がないから全員でボールを大事にするサッカーをやっていきたい。個人的には、一番声を出すようにして皆を引っ張れるようにしたい」と闘志を燃やす。「なでしこジャパン」の活躍以降増えたサッカーをやってみたいという女性たち。今年は男子のワールドカップが開催され、来年は女子のワールドカップも開催される。再び女子サッカーも盛り上がることだろう。指導陣と環境に恵まれ、学業との両立も可能な同大女子サッカー部への大勢の入部希望者も予想される。是非、目標に向かってチャレンジを続けてほしい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る