ふるさとビジター館 水かきがなくても泳ぎの名手カンムリカイツブリ

 冬鳥として、広い湖沼や海岸に渡ってくるカンムリカイツブリという野鳥がいる。カモの仲間より一回り大きいがカワウより小さく、首が長くスラッとした体型の野鳥である。ずんぐりしたカモの仲間とは異なるので、容易に見分けることができる。
 秋に北方から渡ってきた直後は、全体が白っぽい冬羽で覆われ、色彩もカモとは異なる。また、群れでいることはなく水面にポツリポツリと浮かんでおり、意外と白色が目立つ。市原では冬のあいだ山倉ダム、長柄ダム、養老川河口などで普通に見ることができる。
 カモの仲間やカワウのように、陸や木に上がることはまれだ。常に水に入り、泳ぎと潜りを繰り返す。しかし、足の指の間に水かきがあるわけではない。それなのに、どうして上手に泳いだり潜ったりできるのか? それは、足の4本の指すべてに木の葉状の弁膜がついており(弁足と呼ばれる)、それが船のスクリューのような役目をするためと言われている。
 得意の潜水を繰り返し、小魚類を好んで採食する。ほかには水生の甲殻類、昆虫などの水生生物を採食するようだ。私が潜水時間を計測したところ、バラツキはあるものの30~50秒程潜っていた。潜水性のカモや他のカイツブリ類に比べても潜水時間が長いと言われている。
kai02 春が近づくに連れて白い冬羽から繁殖のための鮮やかな夏羽に変わっていく。頭頂には、名前の由来となる黒い冠羽、首の周囲には、えり巻き状で栗色の飾り羽が現れる。すっかり夏羽に変わる3~4月には北方へ旅立っていく。
 周囲を散歩できる山倉ダムは、間近で観察できる格好の場所だ。双眼鏡を首に下げ、散歩がてらにカンムリカイツブリやカモを観察してみよう。
ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る