ふるさとビジター館 水かきがなくても泳ぎの名手カンムリカイツブリ

 冬鳥として、広い湖沼や海岸に渡ってくるカンムリカイツブリという野鳥がいる。カモの仲間より一回り大きいがカワウより小さく、首が長くスラッとした体型の野鳥である。ずんぐりしたカモの仲間とは異なるので、容易に見分けることができる。
 秋に北方から渡ってきた直後は、全体が白っぽい冬羽で覆われ、色彩もカモとは異なる。また、群れでいることはなく水面にポツリポツリと浮かんでおり、意外と白色が目立つ。市原では冬のあいだ山倉ダム、長柄ダム、養老川河口などで普通に見ることができる。
 カモの仲間やカワウのように、陸や木に上がることはまれだ。常に水に入り、泳ぎと潜りを繰り返す。しかし、足の指の間に水かきがあるわけではない。それなのに、どうして上手に泳いだり潜ったりできるのか? それは、足の4本の指すべてに木の葉状の弁膜がついており(弁足と呼ばれる)、それが船のスクリューのような役目をするためと言われている。
 得意の潜水を繰り返し、小魚類を好んで採食する。ほかには水生の甲殻類、昆虫などの水生生物を採食するようだ。私が潜水時間を計測したところ、バラツキはあるものの30~50秒程潜っていた。潜水性のカモや他のカイツブリ類に比べても潜水時間が長いと言われている。
kai02 春が近づくに連れて白い冬羽から繁殖のための鮮やかな夏羽に変わっていく。頭頂には、名前の由来となる黒い冠羽、首の周囲には、えり巻き状で栗色の飾り羽が現れる。すっかり夏羽に変わる3~4月には北方へ旅立っていく。
 周囲を散歩できる山倉ダムは、間近で観察できる格好の場所だ。双眼鏡を首に下げ、散歩がてらにカンムリカイツブリやカモを観察してみよう。
ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る