ふるさとビジター館 水かきがなくても泳ぎの名手カンムリカイツブリ

 冬鳥として、広い湖沼や海岸に渡ってくるカンムリカイツブリという野鳥がいる。カモの仲間より一回り大きいがカワウより小さく、首が長くスラッとした体型の野鳥である。ずんぐりしたカモの仲間とは異なるので、容易に見分けることができる。
 秋に北方から渡ってきた直後は、全体が白っぽい冬羽で覆われ、色彩もカモとは異なる。また、群れでいることはなく水面にポツリポツリと浮かんでおり、意外と白色が目立つ。市原では冬のあいだ山倉ダム、長柄ダム、養老川河口などで普通に見ることができる。
 カモの仲間やカワウのように、陸や木に上がることはまれだ。常に水に入り、泳ぎと潜りを繰り返す。しかし、足の指の間に水かきがあるわけではない。それなのに、どうして上手に泳いだり潜ったりできるのか? それは、足の4本の指すべてに木の葉状の弁膜がついており(弁足と呼ばれる)、それが船のスクリューのような役目をするためと言われている。
 得意の潜水を繰り返し、小魚類を好んで採食する。ほかには水生の甲殻類、昆虫などの水生生物を採食するようだ。私が潜水時間を計測したところ、バラツキはあるものの30~50秒程潜っていた。潜水性のカモや他のカイツブリ類に比べても潜水時間が長いと言われている。
kai02 春が近づくに連れて白い冬羽から繁殖のための鮮やかな夏羽に変わっていく。頭頂には、名前の由来となる黒い冠羽、首の周囲には、えり巻き状で栗色の飾り羽が現れる。すっかり夏羽に変わる3~4月には北方へ旅立っていく。
 周囲を散歩できる山倉ダムは、間近で観察できる格好の場所だ。双眼鏡を首に下げ、散歩がてらにカンムリカイツブリやカモを観察してみよう。
ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る