書は心を表す

sho02 袖ケ浦市に住む成田浩基さん(19)は生まれつき難病を患っている。知的、目、耳に障がいがあり言葉も話せないが状況を見て判断し周囲との関係を保っている。嬉しいと手を叩き、散歩に行きたい時は介護職員の服を引っ張る。
 同市にある生活介護事業所『アトリエけやき』で絵や工作と並んで書に取り組んでいる。自分の思いや気持ちを筆で表現するのが書。作品は『心』、『月』などの字、顔、抽象的な線など様々だ。何を書くかは職員との呼吸も大事。母親のことを話した直後には『母』という文字を書いたことも。まさにその瞬間に彼の心の中に湧き出てきたものが作品となる。「気分が乗った時には勢いよく筆を動かします。作品が気に入らないと破ることもあります」と職員は話す。
 母親、澄恵さんの10年来の師、飯高和子さんの導きで書を始めたのは8年前。昨秋に行われた第52回市原市美術展覧会の書部門で『ぼく!!』が秀作賞を受賞。作品を前に「あたたかい気持ちになるね」と話す来場者も多かった。「飯高先生と書に出会い、子の介護以外の世界が開け、子と共に生きる力を頂いて今に至っています」と話す澄恵さんは息子の成長記録を『HIRO君』と題し、書に綴り続けている。 
 娘と孫の支えになればと澄恵さんの母親、佐久間政子さんも5年前から書を始めた。「先生は浩基のことを書を通じて心から理解し、温かく接してくれています」。書は彼らの生きる支えとなっている。(礒川)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る