書は心を表す

sho02 袖ケ浦市に住む成田浩基さん(19)は生まれつき難病を患っている。知的、目、耳に障がいがあり言葉も話せないが状況を見て判断し周囲との関係を保っている。嬉しいと手を叩き、散歩に行きたい時は介護職員の服を引っ張る。
 同市にある生活介護事業所『アトリエけやき』で絵や工作と並んで書に取り組んでいる。自分の思いや気持ちを筆で表現するのが書。作品は『心』、『月』などの字、顔、抽象的な線など様々だ。何を書くかは職員との呼吸も大事。母親のことを話した直後には『母』という文字を書いたことも。まさにその瞬間に彼の心の中に湧き出てきたものが作品となる。「気分が乗った時には勢いよく筆を動かします。作品が気に入らないと破ることもあります」と職員は話す。
 母親、澄恵さんの10年来の師、飯高和子さんの導きで書を始めたのは8年前。昨秋に行われた第52回市原市美術展覧会の書部門で『ぼく!!』が秀作賞を受賞。作品を前に「あたたかい気持ちになるね」と話す来場者も多かった。「飯高先生と書に出会い、子の介護以外の世界が開け、子と共に生きる力を頂いて今に至っています」と話す澄恵さんは息子の成長記録を『HIRO君』と題し、書に綴り続けている。 
 娘と孫の支えになればと澄恵さんの母親、佐久間政子さんも5年前から書を始めた。「先生は浩基のことを書を通じて心から理解し、温かく接してくれています」。書は彼らの生きる支えとなっている。(礒川)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る