レストランで

遠山あき

 たまにレストランで食事をすることがある。年寄りだからしつこいものはだめ、そしてご飯がいい。今日は「オムライス」に決めた。
 やがて美味しそうなオムライスが来た。「えー、こんなに沢山!」 型に盛り上げたライス、九十歳以上の私はとてもこんなに食べられない。でも仕方ない、注文したんだからと食べ始めた。半分ほどようやく食べた。しかし、あとはいくら努力しても食べられない。メニューの写真もこれと同じ量だったから、文句は言えない。恨めしくて眺めていた。
 その時、隣の席に高校生くらいのガッシリした体つきの男の子が座った。横目で私のオムライスを見た。(美味しそうだ)と思ったのだろう、「オムライス、ラーメン、水」と言った。そして水をゴクゴクと飲んでしまうと、やがて注文の品が運ばれてきた。ラーメンの汁を美味しそうにすすり、オムライスにかかる。スプーンが休みなしにライスを口に運ぶ。その間にラーメン。あっという間にオムライスの皿が空になる。残り惜しそうに皿の飯粒を拾って口に入れる。本当にアッという間だ。残っていたラーメンも汁まで綺麗に平らげた。育ち盛りの若者の健啖さに脱帽だ。まだ満足した様子ではなかったが、さらに水を飲んで、彼はさっさと出て行ってしまった。
 メニューの説明写真は同じ種類が一つだけで、誰が頼んでも同じ物がくる。金が惜しいわけではないが、私が頼んだライスの残りはこのまま捨てられてしまう。食材はみんな農家の人が汗を流し丹精して作ったものだ。米、玉ねぎ、肉、卵、ケチャップ等々。食べられない私が半分残した分は今日の生ゴミで捨てられる。そしてゴミ収集車で運ばれ、焼却されてしまう。車代、焼却代、人件費、いずれも焼かれてしまって灰になる。
「ああ、もったいない。資源と手間の無駄な消費だ」 恨めしく食べ残したオムライスを睨んだ。持って帰ることも無理だ。
 もし、オムライスに、シニア向きとか、洒落て「アイアン(若者向き)」とか付けて、あらかじめ量を指定したらどうだろう。無駄もなくなるし、客も安心して注文できる。そして無駄な資源や費用の浪費もなくなる。これ、老いのたわごとかもしれないが……。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る