光と影で表現するのが写真

 市原市の上総更級美術館で、市内在住の鶴岡暉也さんの作品展が3月30日(日)まで開かれている。
 鶴岡さんは仕事の傍ら50年以上写真を撮り続けてきた。秋山庄太郎らが創立した『二科会写真部』や『千葉県芸術祭写真展実行委員会』に所属した時期もあったが、撮影技術は独学で習得した。
『養老渓谷写真コンクール』受賞を皮切りに、県展や県芸術祭で入賞、『全国水のふれあいコンテスト国土庁官賞』グランプリ賞、『全国御輿と祭写真展』金賞、『勤労者美術展』労働大臣賞、『JR東日本小さな旅写真コンテスト』入賞等、数々の輝かしい受賞経験を持つ。
 30年以上追い続けたブナの撮影。集大成として一昨年、個展で披露した。そして今回、『小湊鉄道写真展 季の彩り』では、5年前から撮りためた小湊鉄道の四季の未発表作品50点を展示。鶴岡さんは「市原南部の原風景が残る小湊鉄道の牛久から上総中野までを撮った」と話す。小湊鉄道を撮る写真家は多いが、「皆が撮影しない場所を探し、あくまで沿線風景の中に走る列車という視点で撮った。だから皆は列車を大きく撮るが、私は小さく撮った」と鶴岡さん。たとえば、つららの中に小湊鉄道が映っている作品も。それは、鉄道写真家・中井精也さんとの交流で彼の影響を受けて。その上で独自の表現を。きっぱりと「光と影で表現するのが写真」と言う鶴岡さん。ブナの撮影のきっかけは渓流釣りだった。イワナを追いかけブナと出会った。また、秘湯の宿にも泊まった。関東の林道の大半は走った。同じ趣味を持つ方は写真以外にも話しが弾むのでは。

問合せ 鶴岡さん
TEL 0436・88・3531
TEL 090・5193・7177
上総更級美術館(市原市鶴舞303)11~17時、(月)休館、鶴岡さん在廊日は(土)(日)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…
  2. 2020年3月23日(月)~4月中旬 茂原公園及び豊田川、一宮川沿い  茂原の中心街全体が桜色に彩られる「茂原桜まつり」が、今年も3月2…
  3.  先日、出かけた近くの山中で、枯れ木の枝にキノコがびっしりと発生していました。こんな寒い時期に出るキノコってなんだろう。もしかしてこれって野…
  4.  現代美術を展示する、築150年の古民家ギャラリー「夏庭」。かつての農家を一部改築し、長柄の広がる田園風景のなか、質の高い芸術作品をゆったり…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…

ピックアップ記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る