姉崎神社の節分祭

 2月3日の夜、姉崎神社で節分祭が開催された。陽が暮れると境内にはいくつもの夜店が並び、例年3000人以上とされる人出で、ごった返すほどに賑わった。特設ステージでは下町・上町・宮本の子どもたちが明神囃子を披露し、境内の中ほどに作られた大きな焚火では、お札などが焚き上げられた。
 神事は19時から。節分はもともと、季節の変わり目に厄や病などの邪気を祓い清める行事。古社である姉崎神社では、伝統的な古式ゆかしい『追儺(ついな)の儀』として、弓の弦を鳴らしたり、氏子や地域の関係者たちが玉串を捧げるなどした。
 豆まきは神事の後。参列者が2回に分かれ、特設ステージから餅と炒り豆などが入っている小袋を投げた。待っていた人たちは歓声をあげ、押し合いへし合いしながら夢中で取り、拾っていた。
 総代会会長・作阿彌(さくあみ)さんは、「姉崎の節分祭は以前から夜に行われていました。昔は海苔漁が盛んで、この時期は日中に神事ができなかったためのようですね」と話した。姉崎高校の平野校長は初参加の神事に、「姉崎は地域のつながりが強く感じられる行事が多く、魅力的ですね」。同じく初参加の町会婦人部・相川さんは「伝統的な神事に参加して、緊張もしていますが嬉しいです」と語った。
 姉崎神社の拝殿のなかには、昨年、黄金の龍も新しく飾られた。安土桃山時代の木彫で、昔は本殿向拝にあったという。ずっと保管されていたのが見つかり、修復して金箔を施し、蘇らせた。この龍ができてからは、拝殿の外からの参拝だけでなく、拝殿内側で龍に手を合わせる人も増えたという。龍は吉祥の象徴。新年度を良い巡り合わせとするために、訪れてみるのも良いのでは。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る