房総往来

ラクダのまち 山里 吾郎

 平成の大合併で、御宿町は隣接する勝浦、大原のどちらにもつかず、自立の道を選んだ。当時の取材メモを見ると「賛否はあったがやはり全国区『御宿(おんじゅく)』の名前を大切にしたい」これが自立の大きな決め手となったようだ▼その町名は鎌倉時代の5代執権、北条時頼が諸国行脚の際に同地の最明寺に宿泊したことに由来するという。文献によれば時頼は「思慮深い性格だったとされ、名を大事にした今の御宿に通ずるようだ▼大雪がまだ各所に残っていた2月中旬、同地を一泊旅した。所用のため立ち寄った君津の山道はまさに雪国のような残雪。ところが大多喜から外房へ出ると嘘のように雪は姿を消した。夕刻、御宿に到着。予約してあったゴルフ場のロッジに一泊し、翌日早朝から好天のラウンドを満喫した▼御宿と言えば海とともに思い出すのが「月の沙漠」。ラクダの背に揺られ沙漠を旅する王子と王女。そんな加藤まさお作詞のメルヘンチックな童謡の舞台が御宿の砂浜を全国区に押し上げた▼ちなみにゴルフ場の名前もキャメル、随所にラクダのモチーフが施され、コース内にある牧場ではラクダに似たポニーにも会える。そんな郷愁にも誘われ、ラウンド後そのまま海岸線に足を伸ばし、「月の沙漠記念像」と久しぶりに対面した▼砂丘をゆっくりと歩く2頭のラクダ。逆光の後ろ姿は王子と王女がまさに寄り添い歩いている。抒情画家でもあった加藤まさおは最終の地をここに定めるほど御宿を愛した。名を残した御宿、その輝きをいつまでも失ってほしくない観光地だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る