見て買って楽しむハンドメイド祭り

 3月2日(日)、『第3回ハンドメイドマルシェinいちはら』が上総更級公園(公園センター)で開催され、たくさんの来場者が訪れ大盛況で幕を閉じた。
 主催者の佐々木真理子さん(ル・プチ・マルシェ)は、他県のハンドメイドのイベントに参加していた時に、市原市でもやってみたいと考えたのがきっかけだったという。その頃公園センターもでき、場所も広く交通にも便利なことからここで開催することを決めた。出店料の一部は緑の募金へ寄付している。「今後も年3回は続けていき、市原市の文化の1つとして根付くようにしていきたいです」と笑顔で語った。
 会場内では、天然石などを使ったジュエリー、キャンドル、毛糸で作ったショールや帽子、木工品、革小物、色鮮やかな布小物(バッグ、巾着、マスク等)、キッズ用品で人気の手提げバッグなど世界にひとつにしかないハンドメイド作品が数多く並んだ。来場者は「かわいい」とお気に入りの作品を見つけながら買い物を楽しんでいた。
 また、ワークショップも開催され『ガーランド』や『デコパージュ石鹸』では、作り方を丁寧に教わりながら、子どもたちが真剣な眼差しで手作りの作品に挑んでいた。友人と来ていた女性2人は「はじめて。子どもの入学用にと見に来ました。結構良かったです」、「2回目です。手作りなのに安いし、いろんな作家の人たちの作品が一度にたくさん見ることができるので楽しいです」と語った。会場を後にする誰もが「また次回(6月末)も来ます」と笑顔だった。 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る