地元の歴史と自然、再発見

 4月8日、有秋公民館主催の『有秋散歩・有秋緑の散歩道と歴史』が行われ暖かい春の日差しの中、約20名が参加した。全6回シリーズで第1回目のこの日は薬王寺コースを歩いた。
 市立有秋東小学校の北西、角の交差点に薬王寺(真言宗)の入り口がある。数々の石仏が建ち並ぶ中に144センチの『薬王寺浮彫六地蔵石幢』がある。造立は寛永20年。市内最古のもので、地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天上の六つの苦しみから安楽の世界に導くといわれている。坂を上ると左手に薬王寺本堂、さらに階段を上ったところに薬師堂があり、木造寄木造りの『薬師如来坐像』が安置されている。釈迦の生誕日とされる4月8日は1年に1度のご開帳の日。高さ71センチ、右手の肘を深く曲げて手のひらを正面に向け、左手は膝の上にのせて薬壺を持っている同像を拝むことができた。静かなお顔、髪の生え際が直線的なところは平安時代後期の藤原仏の特色だ。また、像の隣に収蔵されている、市指定文化財『薬王寺の算額』にもお目にかかることができた。算額とは、日本古来の数学の専門家が解いた難問を額に描いて奉納したもの。問題が解けたことを感謝するとともに、解き方を広く人々に伝える役割も担っている。
 薬王寺参拝のあとは向かい側にある『竹・いろりの里』の桜の下でお茶をいただき一服。鍋敷きや写真立てなど、竹細工の小物を購入する人も。続いて山道を上り、杉、竹林を抜けると一面に広がる黄色い菜の花畑と大きな桜の木『大俵1本桜』が姿を現した。満開は通り過ぎ、葉桜になっていたが存在感はたっぷり。谷垣敬次郎さんとボランティアの方々が1年がかりで整備した竹林もあり、竹林の間から垣間みる桜と菜の花の風景も趣き深い。菜の花の甘い香りが漂う中、谷垣さんは「桜は恋人。花が散っても大好きです」と熱い思いを語った。テーブルとベンチもあり、弁当を食べながらくつろぐ観光客の姿が見られた。参加者は「1年に1度のご開帳の像を見ることができた。『大俵一本桜』を見ながらの甘酒もおいしかったし、最高でした」と満足した様子で帰路に着いた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る