地元の歴史と自然、再発見

 4月8日、有秋公民館主催の『有秋散歩・有秋緑の散歩道と歴史』が行われ暖かい春の日差しの中、約20名が参加した。全6回シリーズで第1回目のこの日は薬王寺コースを歩いた。
 市立有秋東小学校の北西、角の交差点に薬王寺(真言宗)の入り口がある。数々の石仏が建ち並ぶ中に144センチの『薬王寺浮彫六地蔵石幢』がある。造立は寛永20年。市内最古のもので、地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天上の六つの苦しみから安楽の世界に導くといわれている。坂を上ると左手に薬王寺本堂、さらに階段を上ったところに薬師堂があり、木造寄木造りの『薬師如来坐像』が安置されている。釈迦の生誕日とされる4月8日は1年に1度のご開帳の日。高さ71センチ、右手の肘を深く曲げて手のひらを正面に向け、左手は膝の上にのせて薬壺を持っている同像を拝むことができた。静かなお顔、髪の生え際が直線的なところは平安時代後期の藤原仏の特色だ。また、像の隣に収蔵されている、市指定文化財『薬王寺の算額』にもお目にかかることができた。算額とは、日本古来の数学の専門家が解いた難問を額に描いて奉納したもの。問題が解けたことを感謝するとともに、解き方を広く人々に伝える役割も担っている。
 薬王寺参拝のあとは向かい側にある『竹・いろりの里』の桜の下でお茶をいただき一服。鍋敷きや写真立てなど、竹細工の小物を購入する人も。続いて山道を上り、杉、竹林を抜けると一面に広がる黄色い菜の花畑と大きな桜の木『大俵1本桜』が姿を現した。満開は通り過ぎ、葉桜になっていたが存在感はたっぷり。谷垣敬次郎さんとボランティアの方々が1年がかりで整備した竹林もあり、竹林の間から垣間みる桜と菜の花の風景も趣き深い。菜の花の甘い香りが漂う中、谷垣さんは「桜は恋人。花が散っても大好きです」と熱い思いを語った。テーブルとベンチもあり、弁当を食べながらくつろぐ観光客の姿が見られた。参加者は「1年に1度のご開帳の像を見ることができた。『大俵一本桜』を見ながらの甘酒もおいしかったし、最高でした」と満足した様子で帰路に着いた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る