不合理な世の中で『日本人の心』はどう生きるべきか

 3月20日(日)、南総公民館主催で農民作家の遠山あきさん(96)による講演会が開かれた。テーマは昨年再版された『小湊鉄道のあけぼの(流紋)』。本作に沿って語られる、市原に流れた過去の時間の物語に、参加した約70名の受講者は静かに耳を傾けた。
 話は幕末、明治維新の頃。「約265年続いた江戸時代は、第15代徳川慶喜将軍の時に崩壊した。3つの大きな領土である、小さな国の薩長土佐から西郷隆盛、吉田松陰、坂本竜馬3名が中心となって幕府に反旗を翻した。西郷さんは武力、吉田さんは理論、竜馬さんは日本人の血の叫びを訴えた。民衆に自由と権利を持たせなければ日本の政治は長持ちしないと考えたから」と遠山さんがゆっくりと語る。
 農民が必死に働いても年貢で7、8割が徴収されてしまう。関所で手形が必要なため簡単に隣の村に行くことも出来ないのだ。そんな様々な不合理があった故に江戸時代は長く続いたのかもしれないが、限界だった。遠山さんは、「江戸で戦も出来たが、慶喜は城を無血開城した。それは降伏しなければ江戸の町が焼き払われてしまうから。町民を救うための降伏だった」と続ける。
 江戸城を守っていた徹兵隊(さっぺいたい)は無血開城後に船や陸を歩いて房総に逃れてきた。幕府直轄の土地がたくさんあるから味方につけて力を盛り返そうとしたのだ。しかし、官軍が追ってきて、彼らと徹兵隊が市原五井で大戦争を起こした。その時、「明日戦があるので町民は必要なものだけ持って山で隠れるように、と戦の前日に名主がお触れを出した」という。名主は『罪のない町民が死ぬことはない』と考え、町民は『戦争をするために生まれてきたわけではない』と強い心を持ち山へ逃れた。
 世界では今でも多くの戦争の火花が散っている。ウクライナ情勢ではロシアかヨーロッパかを巡り、お互いが不合理だと主張する。アフリカでは、女子どもが裸で泣きながら逃げまどい、拳銃で殺されている。様々な『不合理』が渦巻くのは日本も世界も同様だ。だが、外国の戦と日本が異なるのは『日本人の心』である。
 遠山さんの取材によれば、「五井での戦の時、町民は山から戻ってきて家に隠れている怪我をした徹兵隊を見つけた。匿って、看病した。やがて、徳川軍でも官軍でもみんな同じ日本人、罪は問わないというお触れが出て、その怪我をした男は市東小の初代校長になった」という。敵も味方もない、同じ日本人だという温情。自らが犠牲になるかもしれないという不安を抱えながら、見返りも求めずに他人に手を貸せる覚悟。
 遠山さんは、「何も言わないから、強く主張しないから気持ちがないのではない。その魂を持っているのは日本人の長所であり誇りではないか」と穏やかに話す。私たちに流れる血にも生き続けているだろう『日本人の心』をひとつ学んだ講演会だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  2.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  3.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  4.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  5.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  6.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  7.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…
  8.  現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村…
  9.  平成29年に県指定文化財として登録された椎津城跡は、足利氏・武田氏・里見氏・北条氏らが争奪をくり返した中世の城郭で、房総の戦国史におい…
  10.  アジアを代表する美の祭典『ミセスアジア』への第一歩となる『ミセスジャパン』の地区予選大会が、5月19日、東金市の最福寺において開催され…

ピックアップ記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る