「感動、感激、そして新たな発見へ」 ミュージアム・フェスティバル開催

 6月7日(土)・8日(日)、「そではく」と親しまれている袖ケ浦市郷土博物館、アクアラインなるほど館、旧進藤家にて『第19回ミュージアム・フェスティバル』が開催される。
 同イベントは、「より多くの市民に博物館を知ってもらい、身近で気軽な学習の場であることをPRすると共に、教育普及事業の機会とする」ことを目的に、同時に今年度は同館友の会発足30周年、上総掘り技術伝承研究会及び市民学芸員発足10周年になるため、市民と郷土博物館が一体となり、開館30周年を記念し策定された袖ケ浦市郷土博物館の使命のひとつである市民の学習の場・知的交流の場となして、地域のために貢献する地域文化の向上となるような博物館を目指していこうとするものである。
 テーマは「感動、感激そして新たな発見へ」。フェスティバルの開催時間は10~15時、内容は以下の通り。
『古代の匠検定 火おこし・勾玉作り』、『化石発掘』、『たたき染め』、『ミニ袖凧作り』、『工作教室 ストローでアクセサリー・多面体作り』、『戦国武将体験 鎧を着てみよう』、『平安貴族体験 十二単を着てみよう』、『上総掘り体験』などの参加型イベントが盛りだくさん!※雨天の場合、『上総掘り体験』は中止。
 また、『ミュージアムコンサート』や『呈茶席』(7日)、『おやこ寄席』(8日)と、観て聞いて楽しむイベントも。特にオススメなのは、普段なかなかライブで味わう機会がない寄席!博物館近くにある旧進藤家で、立川談修さんとおいけ家金魚さんの落語が堪能できる(13時30分~14時30分、入場無料。)。子ども向け落語体験のワークショップもあり。
 他、駄菓子や綿飴、ポップコーン等の模擬店や喫茶『ミューズ』も。また、『友の会コーナーでは作品・研究発表の展示』を。終日、企画展『学舎ー袖ケ浦の寺子屋と郷学至徳堂』は特別展示室で開催。
 入館料は無料だが、各種体験や模擬店は一部有料。
 子どもから大人まで楽しめるフェスティバル。そして、博物館のある袖ケ浦公園は四季折々の花が彩る人気スポット。初夏の花暦は、花菖蒲や紫陽花等。GWが終わって一息ついた頃、近場でプチ知的好奇心を満たし、笑いのひとときを過ごしてみては。

問合せ 袖ケ浦市郷土博物館
TEL 0438・63・0811

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る