「感動、感激、そして新たな発見へ」 ミュージアム・フェスティバル開催

 6月7日(土)・8日(日)、「そではく」と親しまれている袖ケ浦市郷土博物館、アクアラインなるほど館、旧進藤家にて『第19回ミュージアム・フェスティバル』が開催される。
 同イベントは、「より多くの市民に博物館を知ってもらい、身近で気軽な学習の場であることをPRすると共に、教育普及事業の機会とする」ことを目的に、同時に今年度は同館友の会発足30周年、上総掘り技術伝承研究会及び市民学芸員発足10周年になるため、市民と郷土博物館が一体となり、開館30周年を記念し策定された袖ケ浦市郷土博物館の使命のひとつである市民の学習の場・知的交流の場となして、地域のために貢献する地域文化の向上となるような博物館を目指していこうとするものである。
 テーマは「感動、感激そして新たな発見へ」。フェスティバルの開催時間は10~15時、内容は以下の通り。
『古代の匠検定 火おこし・勾玉作り』、『化石発掘』、『たたき染め』、『ミニ袖凧作り』、『工作教室 ストローでアクセサリー・多面体作り』、『戦国武将体験 鎧を着てみよう』、『平安貴族体験 十二単を着てみよう』、『上総掘り体験』などの参加型イベントが盛りだくさん!※雨天の場合、『上総掘り体験』は中止。
 また、『ミュージアムコンサート』や『呈茶席』(7日)、『おやこ寄席』(8日)と、観て聞いて楽しむイベントも。特にオススメなのは、普段なかなかライブで味わう機会がない寄席!博物館近くにある旧進藤家で、立川談修さんとおいけ家金魚さんの落語が堪能できる(13時30分~14時30分、入場無料。)。子ども向け落語体験のワークショップもあり。
 他、駄菓子や綿飴、ポップコーン等の模擬店や喫茶『ミューズ』も。また、『友の会コーナーでは作品・研究発表の展示』を。終日、企画展『学舎ー袖ケ浦の寺子屋と郷学至徳堂』は特別展示室で開催。
 入館料は無料だが、各種体験や模擬店は一部有料。
 子どもから大人まで楽しめるフェスティバル。そして、博物館のある袖ケ浦公園は四季折々の花が彩る人気スポット。初夏の花暦は、花菖蒲や紫陽花等。GWが終わって一息ついた頃、近場でプチ知的好奇心を満たし、笑いのひとときを過ごしてみては。

問合せ 袖ケ浦市郷土博物館
TEL 0438・63・0811

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る