儲ける野菜をプロデュース!『ニンニク講座』

 5月15日(木)、東国吉で『元気なアグリ仲間の会』の代表、大塚誠一さんによる『美味しくて、売れる野菜づくりの秘訣』講座が行われた。儲ける農業技術のプロデューサーである大塚さんが今回指導したのはニンニク作り。時期に合わせた水やりと収穫についての説明があった。
「千葉でニンニクは育ちにくいと言われているが、環境に合わせれば美味しいものができる。この時期に大事なのは、葉の状態を見て水や液肥の量を調節すること。葉の部分に花蕾ができるので2、3日に1回は見回って摘み取る必要がある」と大塚さんが説明。集った20人の参加者はメモを取りながら頷き、「石灰窒素を使うのは正しいのか」、「液肥は何回やるべきか」などの質問が相次いだ。 
 また、「私は砂や虫の状態をチェックするため収穫作業もスコップを使う。育ちのいい野菜は、ニンニクに限らず掘り出した時に根っこが綺麗。土もつかないし、根の色も白い」と大塚さん。両手に収穫したばかりのニンニクを持ち参加者に見せては、「病気で葉が白くなってしまったら、すぐに抜いて畑から離れた場所に捨てるべき。その後、原因が虫なのか肥料のあげすぎなのか対策を練る」など様々なアドバイスを伝授。
 高値で売れるニンニクの形は、底がフラットになっているもの。丸みがあるものは収穫時期が早く、へこんでいるものは遅いのだとか。どれほど成長しているのかは数本抜いて時々チェックするのもポイント。どこに多量のニンニクが売れるかという情報も聞けるなど、毎回数十人が集まる講座というのに納得である。

問合せ 大塚さん 
TEL 080・5400・5921

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る