儲ける野菜をプロデュース!『ニンニク講座』

 5月15日(木)、東国吉で『元気なアグリ仲間の会』の代表、大塚誠一さんによる『美味しくて、売れる野菜づくりの秘訣』講座が行われた。儲ける農業技術のプロデューサーである大塚さんが今回指導したのはニンニク作り。時期に合わせた水やりと収穫についての説明があった。
「千葉でニンニクは育ちにくいと言われているが、環境に合わせれば美味しいものができる。この時期に大事なのは、葉の状態を見て水や液肥の量を調節すること。葉の部分に花蕾ができるので2、3日に1回は見回って摘み取る必要がある」と大塚さんが説明。集った20人の参加者はメモを取りながら頷き、「石灰窒素を使うのは正しいのか」、「液肥は何回やるべきか」などの質問が相次いだ。 
 また、「私は砂や虫の状態をチェックするため収穫作業もスコップを使う。育ちのいい野菜は、ニンニクに限らず掘り出した時に根っこが綺麗。土もつかないし、根の色も白い」と大塚さん。両手に収穫したばかりのニンニクを持ち参加者に見せては、「病気で葉が白くなってしまったら、すぐに抜いて畑から離れた場所に捨てるべき。その後、原因が虫なのか肥料のあげすぎなのか対策を練る」など様々なアドバイスを伝授。
 高値で売れるニンニクの形は、底がフラットになっているもの。丸みがあるものは収穫時期が早く、へこんでいるものは遅いのだとか。どれほど成長しているのかは数本抜いて時々チェックするのもポイント。どこに多量のニンニクが売れるかという情報も聞けるなど、毎回数十人が集まる講座というのに納得である。

問合せ 大塚さん 
TEL 080・5400・5921

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る