房総往来

和紙のファンタジー 山里吾郎

 星ご夫妻との出会いは20年前にさかのぼる。市原市島野の児童養護施設を取材で訪れた。そこで接した子どもたちの澄み切った美しい歌声。暑い時期でもあったのか、汗を浮かべながら懸命に演奏し、歌い、踊る子どもたちに大きな感動を覚えた▼指導していたのが園長の星一男さん、これをサポートし母親以上の大きな愛情と、温かい眼差しで見つめる鏡子夫人。まさに夫唱婦随、ぴったりと息を合わせて子どもたちを包み込む、お二人の姿にすっかり魅せられた▼それから数日後、市民会館の小ホールは500人のキャパシティを超えるほどの観客で埋まった。平和園の「手づくりコンサート」。タイトル通りこれもすべて手づくりの素敵な舞台衣装を着けた子どもたちが奏で、歌い、踊る。プロの舞台とは全く違う、透き通るような感動が観客を魅了した▼当時の星園長は音楽家でもあった。作詞作曲した「はばたき」「養老川抒情」は子どもたちの澄み切った歌声にぴったりの名曲だった▼それからも交友は続いていたが、この6月、久しぶりに取材対象としてお会いしたかづを(一男)さんは和紙絵作家として新境地を開いていた。鶴舞の上総更級美術館に展覧された作品は通常の日本画や油絵とは趣を異にしたファンタジックなものだった▼「繊細な和紙をいったん漉き状に戻し張り合わせる。作品のイメージで厚くしたり薄くしたり。色も混ぜ合わせて…」。自分で編み出したオリジナルな手法、なぜかここでも透明感が会場いっぱいに包み込んでいた。鏡子夫人はやはりサポート役に徹しながらも存在感を漂わせる。20年の歳月は芸術のジャンルこそ変えたがお二人の底流は一緒だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る