房総往来

和紙のファンタジー 山里吾郎

 星ご夫妻との出会いは20年前にさかのぼる。市原市島野の児童養護施設を取材で訪れた。そこで接した子どもたちの澄み切った美しい歌声。暑い時期でもあったのか、汗を浮かべながら懸命に演奏し、歌い、踊る子どもたちに大きな感動を覚えた▼指導していたのが園長の星一男さん、これをサポートし母親以上の大きな愛情と、温かい眼差しで見つめる鏡子夫人。まさに夫唱婦随、ぴったりと息を合わせて子どもたちを包み込む、お二人の姿にすっかり魅せられた▼それから数日後、市民会館の小ホールは500人のキャパシティを超えるほどの観客で埋まった。平和園の「手づくりコンサート」。タイトル通りこれもすべて手づくりの素敵な舞台衣装を着けた子どもたちが奏で、歌い、踊る。プロの舞台とは全く違う、透き通るような感動が観客を魅了した▼当時の星園長は音楽家でもあった。作詞作曲した「はばたき」「養老川抒情」は子どもたちの澄み切った歌声にぴったりの名曲だった▼それからも交友は続いていたが、この6月、久しぶりに取材対象としてお会いしたかづを(一男)さんは和紙絵作家として新境地を開いていた。鶴舞の上総更級美術館に展覧された作品は通常の日本画や油絵とは趣を異にしたファンタジックなものだった▼「繊細な和紙をいったん漉き状に戻し張り合わせる。作品のイメージで厚くしたり薄くしたり。色も混ぜ合わせて…」。自分で編み出したオリジナルな手法、なぜかここでも透明感が会場いっぱいに包み込んでいた。鏡子夫人はやはりサポート役に徹しながらも存在感を漂わせる。20年の歳月は芸術のジャンルこそ変えたがお二人の底流は一緒だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る