ふるさとビジター館 いちはら自然探訪

ヤマトオサガニ 泥質干潟の代表格

 市原市の海岸は、埋立てにより多くの干潟が姿を消してしまいましたが、それでも所々に自然の干潟が残っています。干潟は堆積している土砂の粒径により、主に泥質干潟、砂質干潟に分けられます。市内に残された干潟の多くは泥質干潟であり、そこに生息するカニの代表格がヤマトオサガニです。
 甲羅の形は長方形に近く、大きさは約3~4センチ。眼はマッチ棒のように長く、水中に入ると、潜望鏡のように水面から眼先を出します。この眼は巣穴に入るとき、甲羅に収納できるようになっています。オスのハサミは白色で大きく、メスは小さく、ハサミをあおぐように動かして泥をすくい、泥の中の有機物を口でこして食べます。市内では、養老川、椎津川、前川、国道16号沿いの水路などの泥質干潟に生息し、個体数は多いように思いますが、生息場所が限られており、千葉県レッドデータブックでは一般保護生物Dに指定されています。
 初夏の日差しがまばゆい日、養老川河口の干潟を訪れました。あちらこちらに無数のカニがいて、まさにカニの楽園です。そんな中、水はけが悪くひざまで泥に埋もれそうな場所に、乾いた泥で白っぽい色になったヤマトオサガニが、集団でじっとしていました。近づくと素早く巣穴に逃げ込みましたが、しばらくすると水面に潜望鏡のような二つの眼が所々に出てきて、周囲の様子を伺っていました。
 県外のある河川の河口では、砂の堆積により泥質干潟が減少し、泥質を生息環境として好むヤマトオサガニが激減したそうです。人間にとって何とも感じない少しの環境変化であってもカニたちにとっては絶滅の危機となります。残されたカニたちの小さな楽園がいつまでも残されることを願います。

ナチュラリストネット/時田 良洋
ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。TEL 080-5183-9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る