努力の積み重ねが力に

プロバスケットボール選手 星野 拓海さん

 市原市在住の星野拓海さん(23)が今年2月、プロバスケットボールチーム、千葉ジェッツの選手に昇格した。背番号は3番、ポジションは高いシュート力とドリブルの技術が必要とされるスモールフォワード。2013年2月から千葉ジェッツのサテライトチーム、千葉エクスドリームスに練習生として入団していた。「一生忘れられない」と話すのは3月1日の対つくばロボッツ戦。終盤でプロとして初の出番が回ってきた。星野選手より2週間前に、同じく練習生からプロへ昇格していた石井講祐選手からのパスをうけジャンプシュート。プロ初得点を見事に決めた。「出番が来ればいつでもシュートを決めてやるという気持ちでした」が、プレッシャーもあり「今までで一番緊張しました。無我夢中で声援も全く聞こえなかった」と振り返る。
 筑波大学を卒業し練習生としてプレーしていた1年間は、どうしたら必要とされるかを考え過ぎるあまり自分を見失いそうになっていた。先が見えず、心が折れそうな時間を共に励まし、夢を語りながら乗り越えてきたのが石井選手だった。「石井さんが先にプロ入りし、悔しさと同時に希望が見えた。自分も選手に選ばれた時は夢を諦めないでよかったと思いました」試合を意識したメニューやフォーメーションの練習をし、いつでもコートに立てるように準備していた。昇格を告げられた時は「嬉しいというより早く活躍したいと思いました」
 高校バスケをテーマに描いた少年漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』の影響で小2の時にバスケットボールを始めた。中2で千葉県選抜メンバーとしてジュニアオールスターに出場し、準優勝。中3では、在学していた市立有秋中学校が全日本中学バスケットボール大会の関東大会へ進出した。その後、市立船橋高校に進学。デビュー戦で3ポイントシュートを13本も成功させるなど、当初から華々しい活躍が目立っていた。高校卒業後は念願の筑波大学に進学したが、「高3の夏から1年間で2回も骨折し、リハビリに半年費やしました。大学に入りたてで一人暮らしにも授業にもまだ慣れていない時期。周りが前に進む中、もどかしい日々を過ごしました。足の小指にはまだボルトが入っています」だが苦難の合間をぬうように、新人戦と2010年の1部リーグ戦で優秀選手に選ばれるなど好成績を残している。
 中学時代には生徒会長、高校と大学ではキャプテンを務めた。「人を引っ張っていく力はあります!」と自信ありげに答える。入学した当時、星野選手の代は周りからあまり期待されていなかったという。4年目、キャプテンという立場で「見返してやりたいという思いから、チームの改革に踏み切りました。時間にルーズだったチームメイトの意識改革やトレーニング方法の見直し、話し合いの場もたくさん設けました。結果、4年間で一番いい状態に持っていくことができました」との言葉通り、4年ぶりにチームを全日本総合バスケットボール選手権大会(オールジャパン)への出場に導いた。3回戦で敗れたものの、当時JBL所属の上位チーム東芝神奈川との対戦ができたことはチームにとって非常にいい経験となった。
 バスケ以外に好きなことは「食べること。おいしい店を探して歩きます。餃子が好きで、石井選手と2人で8人前を平らげたことも。アウェイの時に地方の名物を食べるのが楽しみです」と人懐っこく笑った。千葉ジェッツが千葉ジェッツ.EXEとして参戦中の3人制バスケットボールのトップリーグ『3×3PREMIER.EXE(スリーバイスリープレミアドットエグゼ)2014』で現在、活躍中。「試合経験をしっかりと積みたい。プロ選手として恥じないようなプレーをし、優勝を狙います」と7月の開幕前に意気込みを語った。
 意志は強いと自負する星野選手。勉強も好きで、中学の頃から毎日コツコツと努力するタイプだった。「それがバスケにも生きている。積み重ねが力になると信じています」上を目指して頑張っている子供たちへ「辛いことがあっても、自分で決めた目標を貫いてほしい」とエールを送る。
 2013年に始動したNBL(ナショナルバスケットボールリーグ)。来シーズンは10月に開幕する。「大事な場面でゲームに出場し、流れを変えたり点を取ったり、勝利に直接貢献できるような活躍をしたい」星野選手の勇姿は10月18日ジェッツのホーム、船橋アリーナで。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る