いちはら自然探訪 No.112
ホタルブクロ日陰でも育つ初夏の花

 雨の日が多い時期、観察に行った日はよく晴れていて絶好の散策日和でした。山野は緑が生い茂り、栗の花が満開で蝶やトンボが飛び交っていました。
 蝶たちが樹液を求めて集まるクヌギ林の端、下草もあまりないところにホタルブクロが群生していました。ホタルブクロは開けた草原や山野に生える多年草で最大80センチほどに成長し、今の時期は枝先に4~5センチで淡紅色から白色の釣鐘型の花を穂状につけます。全体に細かな毛が生えていて、根生葉は柄のある卵心型で茎葉は鋸歯のある三角形状卵型をしています。
 若葉や花は食用にもなるそうです。初夏の花ではありますが、暑さには強くなく日蔭でも育ちます。今日観察した場所もクヌギの木の陰になっていましたが、たくさん咲いていました。ホタルブクロは野生植物ですが、その美しさから栽培されることもあるそうです。
 ホタルブクロの名前の由来は、子どもが花の中に蛍を入れて、花びらを通したほのかな光を楽しんだという説があります。今は蛍の時期とも重なるので、昔の子供たちには慣れ親しんだ遊びだったのでしょう。植物の名前は単純だったり面白い由来がたくさんあって、調べるのも楽しいです。
 観察に行ったとき、夏本番を前に散歩道の整備のためか草刈りがされていました。山野も散歩道や公園になっている場合は手入れが必要ですが、利便性だけを追求した整備ではなく自然を保全しながらの整備、人と自然の上手な同居が大切だと思いました。
ナチュラリストネット/岡島 亜純

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。
TEL 080-5183-9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る