いちはら自然探訪 No.112
ホタルブクロ日陰でも育つ初夏の花

 雨の日が多い時期、観察に行った日はよく晴れていて絶好の散策日和でした。山野は緑が生い茂り、栗の花が満開で蝶やトンボが飛び交っていました。
 蝶たちが樹液を求めて集まるクヌギ林の端、下草もあまりないところにホタルブクロが群生していました。ホタルブクロは開けた草原や山野に生える多年草で最大80センチほどに成長し、今の時期は枝先に4~5センチで淡紅色から白色の釣鐘型の花を穂状につけます。全体に細かな毛が生えていて、根生葉は柄のある卵心型で茎葉は鋸歯のある三角形状卵型をしています。
 若葉や花は食用にもなるそうです。初夏の花ではありますが、暑さには強くなく日蔭でも育ちます。今日観察した場所もクヌギの木の陰になっていましたが、たくさん咲いていました。ホタルブクロは野生植物ですが、その美しさから栽培されることもあるそうです。
 ホタルブクロの名前の由来は、子どもが花の中に蛍を入れて、花びらを通したほのかな光を楽しんだという説があります。今は蛍の時期とも重なるので、昔の子供たちには慣れ親しんだ遊びだったのでしょう。植物の名前は単純だったり面白い由来がたくさんあって、調べるのも楽しいです。
 観察に行ったとき、夏本番を前に散歩道の整備のためか草刈りがされていました。山野も散歩道や公園になっている場合は手入れが必要ですが、利便性だけを追求した整備ではなく自然を保全しながらの整備、人と自然の上手な同居が大切だと思いました。
ナチュラリストネット/岡島 亜純

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。
TEL 080-5183-9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る