国境を越えての交流会

紅花染め体験で日本の文化を知ってもらいたい

 この夏、国分寺公民館で、市原市の姉妹都市であるアメリカ・アラバマ州モビール市から来市した青少年10名と引率を含む大人4名の訪問団との交流会が行われた。市原市は平成5年に姉妹都市提携を行い、交流活動の一環として毎年交互に受け入れと派遣事業を行っている。「参加した日本人生徒は16名。中学1年生が多く、午前中に行ったディスカッションではお互いの国で流行っていることなど8つのテーマについて話し合ったが、時間をオーバーするほど盛り上がった」と市原市国際交流協会スタッフ。
 午後には、染色家である成登やえさんを講師に『紅花染め体験』も行われた。今回は大学のインターンシップで東京滞在中の青少年訪問団OGであるマッケンジさんも通訳ボランティアとして協力、「染物体験は初めて。綺麗な模様ができて嬉しい」と笑顔を見せる。体験は約2時間半。紅花染めの歴史について説明があったあと、成登さんの指示の下、各自がハンカチの数カ所に輪ゴムを結んでいく。「まだまだ結ぶ」と参加者の手は止まらない。希望する色を選んだあと、袋に入った染料に浸し20分もみこむ。流水で洗い流して出来上がったハンカチを広げて、感嘆の声が上がった。「液に入っていた漢方の臭いが少し苦手だけど、面白かった」、「ちゃんと考えて花の形を作った。輪ゴムをはずすのが大変だった」とモビール市生徒たち。また、成登さんの持参した着物体験をしては大いに盛り上がっていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る