水辺の生物の謎

 8月9日、全国水生生物調査も兼ねた『水辺の観察会』(市原市環境監視センター主催)が開かれた。講師の『市原トンボ池の会』会員4人と市職員3人が同行、子ども10人、大人15人がいちはら市民の森の小川に入った。
 観察地点は草地にはさまれた泥質の浅瀬。はじめ子どもたちは陸上の昆虫や水面から見える魚類に気を取られていたが、「オニヤンマのヤゴは泥の中にいる」との講師代表の岡嘉弘さんの言葉に川底に網を入れた。
 捕まえた生物を観察用の容器に入れ分別すると、コヤマトンボやイトトンボなどのヤゴ、魚類のオイカワやヨシノボリ、甲殻類のヌカエビなど多数。岡さんがヤゴの種類を説明したり「タイコウチとミズカマキリの共通点は何かな」と質問したりした。
 その後100メートルほど上流へ。移動途中、オニヤンマやコオニヤンマの成虫を捕獲、幼虫との違いにも触れた。到着した砂利の多い岩場には泥地にいたギンヤンマのヤゴはおらず、ホトケドジョウなどがいたことについて「同じ川でも環境が異なると生物が異なることに気づいて」と話した岡さん。捕獲した生物は元の場所に戻し終了。前述の質問の答えは「お尻にある気官を水上に出し呼吸する」だった。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る