水辺の生物の謎

 8月9日、全国水生生物調査も兼ねた『水辺の観察会』(市原市環境監視センター主催)が開かれた。講師の『市原トンボ池の会』会員4人と市職員3人が同行、子ども10人、大人15人がいちはら市民の森の小川に入った。
 観察地点は草地にはさまれた泥質の浅瀬。はじめ子どもたちは陸上の昆虫や水面から見える魚類に気を取られていたが、「オニヤンマのヤゴは泥の中にいる」との講師代表の岡嘉弘さんの言葉に川底に網を入れた。
 捕まえた生物を観察用の容器に入れ分別すると、コヤマトンボやイトトンボなどのヤゴ、魚類のオイカワやヨシノボリ、甲殻類のヌカエビなど多数。岡さんがヤゴの種類を説明したり「タイコウチとミズカマキリの共通点は何かな」と質問したりした。
 その後100メートルほど上流へ。移動途中、オニヤンマやコオニヤンマの成虫を捕獲、幼虫との違いにも触れた。到着した砂利の多い岩場には泥地にいたギンヤンマのヤゴはおらず、ホトケドジョウなどがいたことについて「同じ川でも環境が異なると生物が異なることに気づいて」と話した岡さん。捕獲した生物は元の場所に戻し終了。前述の質問の答えは「お尻にある気官を水上に出し呼吸する」だった。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る