奏者と聴き手が共に楽しめる演奏を

 袖ケ浦市立平川中学校吹奏楽部が、年に一度の定期演奏会を控え、練習に励んでいる。賑やかな管楽器の音が響く教室のドアを開けると、「よろしくお願いします!」部長、増田優香(ゆうか)さん(3年・アルトサックス)の号令とともに気合いの入った挨拶で出迎えてくれた。16名の部員は中学に入って初めて管楽器に触れた人がほとんど。中には楽譜を読むことからのスタートだったという人も。だが、1人1パートの少人数楽団。誰1人として欠かすことはできない。そんな環境もあってか、「部長を中心に何でも自主的に決める。自分たちに厳しく、妥協を許さず練習に打ち込む姿が見られます。私が口出しすることはほとんどありません」と顧問の渡邊政彦教諭。「音楽に言い訳なし、努力あるのみ」とのモットーを代々の先輩から引き継いでいる。夏休みの練習は朝7時から16時半まで。44日間で休んだのはわずか5日だけ。外での練習も多く、運動部に負けないくらいのハードさだ。
 2年前の日本学校合奏コンクール、全国大会グランドコンテストで銀賞を獲得。千葉県吹奏楽コンクールでは第55、56回と連続で本選大会まで出場した。今年の出場は叶わなかったが、ショッピングセンターや公民館、小学校、特別支援学校などで毎年30~40回は演奏を行っている。
 教室では、楽器を吹きながらくるくる回って踊る『ドリフ大爆笑のテーマ』と、途中で合唱を挟むファンキーモンキーベイビーズの『あとひとつ』を披露してくれた。真剣な眼差しからは、一人ひとり、しっかりと自分の役割を担おうという意気込みが感じられた。
 2年生でクラリネットを吹いている女子は「いい音が出せるようになった時、達成感を味わえる。みんなで協力し、本番で成功すると本当に嬉しい」と話した。
 第12回目の定期演奏会は10月5日(日)14時開演。袖ケ浦市民会館大ホールで行われる。入場無料。曲目は『マカームダンス』、『ありのままで(LET IT GO)』他多数。歌ったり踊ったり、オリジナルのパフォーマンスを見せるステージドリルもある。「自分たちはもちろん、聴いてくれる人も一緒に楽しめるようなステージにしたい」と増田さん。
 集合写真では、いつも人差し指を出して「ナンバーワン!」のポーズ。これも、代々受け継がれている伝統なのだとか。

問合せ 平川中学校吹奏楽部 渡邊さん
TEL 0438・75・2141

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る