ふるさとビジター館

旅立つモクズガニ

 秋になるとモクズガニは、繁殖と産卵のために川を下り、海を目差します。モクズガニは、国内の淡水に生息するカニでは最大級。全国の河川の淡水域などに生息し、甲羅の大きさは約5~8センチ、円形に近く緑がかった褐色です。一番の特徴は、ハサミに密生して生える柔らかい褐色の毛。この毛が藻屑のようであることから、名が付けられたと言われています。
 カニ類は、卵→ゾエア幼生→メガロパ幼生→稚ガニと変態する成長過程があり、モクズガニは、卵から稚ガニに成長するまで海や河口域で過ごし、その後、春から夏にかけて川を上り、数年後に海へ下ります。このように、一生のうちに川と海を行き来することを「通し回遊」と言います。わざわざ住み慣れた場所を離れ、長い時間をかけて繁殖のために海へ行く理由としては、卵や幼生が塩分濃度のある海などでないと発育できないからであると言われています。また、一説には生息範囲を広げることで、種を保存するためとも言われています。
 モクズガニは、中華料理で有名な上海蟹の近縁種、昔から全国で食用とされていますが、産卵や幼生の生育場所となる干潟の減少や棲みかとなる川岸や水路のコンクリート護岸化などにより、近年その数は全国的に減少傾向にあるようです。千葉県レッドデータブックでは一般保護生物Dに指定されています。市内では養老川や椎津川などに生息していますが、普段は巧みに周りの環境に溶け込んでいることから、中々お目にかかることができません。
 モクズガニのように川と海を行き来する生物を守っていくためには、行き来できる連続性のある環境の保全や修復が必要です。まずは私たちが川や海から離れた心を取り戻すことが大事です。

ナチュラリストネット/時田 良洋

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  2.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  3.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  4.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  5.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  6.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  7.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…
  8.  現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村…
  9.  平成29年に県指定文化財として登録された椎津城跡は、足利氏・武田氏・里見氏・北条氏らが争奪をくり返した中世の城郭で、房総の戦国史におい…
  10.  アジアを代表する美の祭典『ミセスアジア』への第一歩となる『ミセスジャパン』の地区予選大会が、5月19日、東金市の最福寺において開催され…

ピックアップ記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る