旅立つモクズガニ

 秋になるとモクズガニは、繁殖と産卵のために川を下り、海を目差します。モクズガニは、国内の淡水に生息するカニでは最大級。全国の河川の淡水域などに生息し、甲羅の大きさは約5~8センチ、円形に近く緑がかった褐色です。一番の特徴は、ハサミに密生して生える柔らかい褐色の毛。この毛が藻屑のようであることから、名が付けられたと言われています。
 カニ類は、卵→ゾエア幼生→メガロパ幼生→稚ガニと変態する成長過程があり、モクズガニは、卵から稚ガニに成長するまで海や河口域で過ごし、その後、春から夏にかけて川を上り、数年後に海へ下ります。このように、一生のうちに川と海を行き来することを「通し回遊」と言います。わざわざ住み慣れた場所を離れ、長い時間をかけて繁殖のために海へ行く理由としては、卵や幼生が塩分濃度のある海などでないと発育できないからであると言われています。また、一説には生息範囲を広げることで、種を保存するためとも言われています。
 モクズガニは、中華料理で有名な上海蟹の近縁種、昔から全国で食用とされていますが、産卵や幼生の生育場所となる干潟の減少や棲みかとなる川岸や水路のコンクリート護岸化などにより、近年その数は全国的に減少傾向にあるようです。千葉県レッドデータブックでは一般保護生物Dに指定されています。市内では養老川や椎津川などに生息していますが、普段は巧みに周りの環境に溶け込んでいることから、中々お目にかかることができません。
 モクズガニのように川と海を行き来する生物を守っていくためには、行き来できる連続性のある環境の保全や修復が必要です。まずは私たちが川や海から離れた心を取り戻すことが大事です。

ナチュラリストネット/時田 良洋

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る