旅立つモクズガニ

 秋になるとモクズガニは、繁殖と産卵のために川を下り、海を目差します。モクズガニは、国内の淡水に生息するカニでは最大級。全国の河川の淡水域などに生息し、甲羅の大きさは約5~8センチ、円形に近く緑がかった褐色です。一番の特徴は、ハサミに密生して生える柔らかい褐色の毛。この毛が藻屑のようであることから、名が付けられたと言われています。
 カニ類は、卵→ゾエア幼生→メガロパ幼生→稚ガニと変態する成長過程があり、モクズガニは、卵から稚ガニに成長するまで海や河口域で過ごし、その後、春から夏にかけて川を上り、数年後に海へ下ります。このように、一生のうちに川と海を行き来することを「通し回遊」と言います。わざわざ住み慣れた場所を離れ、長い時間をかけて繁殖のために海へ行く理由としては、卵や幼生が塩分濃度のある海などでないと発育できないからであると言われています。また、一説には生息範囲を広げることで、種を保存するためとも言われています。
 モクズガニは、中華料理で有名な上海蟹の近縁種、昔から全国で食用とされていますが、産卵や幼生の生育場所となる干潟の減少や棲みかとなる川岸や水路のコンクリート護岸化などにより、近年その数は全国的に減少傾向にあるようです。千葉県レッドデータブックでは一般保護生物Dに指定されています。市内では養老川や椎津川などに生息していますが、普段は巧みに周りの環境に溶け込んでいることから、中々お目にかかることができません。
 モクズガニのように川と海を行き来する生物を守っていくためには、行き来できる連続性のある環境の保全や修復が必要です。まずは私たちが川や海から離れた心を取り戻すことが大事です。

ナチュラリストネット/時田 良洋

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る