旅立つモクズガニ

 秋になるとモクズガニは、繁殖と産卵のために川を下り、海を目差します。モクズガニは、国内の淡水に生息するカニでは最大級。全国の河川の淡水域などに生息し、甲羅の大きさは約5~8センチ、円形に近く緑がかった褐色です。一番の特徴は、ハサミに密生して生える柔らかい褐色の毛。この毛が藻屑のようであることから、名が付けられたと言われています。
 カニ類は、卵→ゾエア幼生→メガロパ幼生→稚ガニと変態する成長過程があり、モクズガニは、卵から稚ガニに成長するまで海や河口域で過ごし、その後、春から夏にかけて川を上り、数年後に海へ下ります。このように、一生のうちに川と海を行き来することを「通し回遊」と言います。わざわざ住み慣れた場所を離れ、長い時間をかけて繁殖のために海へ行く理由としては、卵や幼生が塩分濃度のある海などでないと発育できないからであると言われています。また、一説には生息範囲を広げることで、種を保存するためとも言われています。
 モクズガニは、中華料理で有名な上海蟹の近縁種、昔から全国で食用とされていますが、産卵や幼生の生育場所となる干潟の減少や棲みかとなる川岸や水路のコンクリート護岸化などにより、近年その数は全国的に減少傾向にあるようです。千葉県レッドデータブックでは一般保護生物Dに指定されています。市内では養老川や椎津川などに生息していますが、普段は巧みに周りの環境に溶け込んでいることから、中々お目にかかることができません。
 モクズガニのように川と海を行き来する生物を守っていくためには、行き来できる連続性のある環境の保全や修復が必要です。まずは私たちが川や海から離れた心を取り戻すことが大事です。

ナチュラリストネット/時田 良洋

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る