みんなで取り組む防災

 9月22日、市原市の出前講座『おでかけくん』を利用し、国分寺公民館主催講座『いざという時の地域の防災計画について』が開かれた。参加者50人を前に『市の防災計画の概要』を説明したのは同市防災課の神宮さんと荒木さん。
 市は市民の命や財産を守るため、さまざまな対策を組み合わせる減災や地域防災力の向上を目指し、要援護者や女性の視点を取り入れた防災計画を立てている。講師が示したのは『市原市地区別防災カルテ』(平成21年発行)。今後30年間に確率70%で起こるとされている首都直下地震などを想定し、地震被害予測結果、災害危険度評価、防災対策の課題などを小学校区別に記している。現在、人口約1万人の国分寺台小学校区にある避難所の宿泊可能人数は1668人。「備蓄品など増やしているが、市の取り組みには限界がある。自分の命は自分で守る自助、地域や隣近所で助け合う共助も大切」と呼びかけた。
 視聴したDVDの中で「地震の3日前に戻れたら何をしますか」と聞かれた被災者たちが「非常食を用意する」、「家具を固定する」、「地域とのつながりを深める」と答え、参加者に日頃の備えの重要さを思い起こさせた。前述の防災カルテは市役所や公民館、市のホームページで閲覧可能。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る