みんなで取り組む防災

 9月22日、市原市の出前講座『おでかけくん』を利用し、国分寺公民館主催講座『いざという時の地域の防災計画について』が開かれた。参加者50人を前に『市の防災計画の概要』を説明したのは同市防災課の神宮さんと荒木さん。
 市は市民の命や財産を守るため、さまざまな対策を組み合わせる減災や地域防災力の向上を目指し、要援護者や女性の視点を取り入れた防災計画を立てている。講師が示したのは『市原市地区別防災カルテ』(平成21年発行)。今後30年間に確率70%で起こるとされている首都直下地震などを想定し、地震被害予測結果、災害危険度評価、防災対策の課題などを小学校区別に記している。現在、人口約1万人の国分寺台小学校区にある避難所の宿泊可能人数は1668人。「備蓄品など増やしているが、市の取り組みには限界がある。自分の命は自分で守る自助、地域や隣近所で助け合う共助も大切」と呼びかけた。
 視聴したDVDの中で「地震の3日前に戻れたら何をしますか」と聞かれた被災者たちが「非常食を用意する」、「家具を固定する」、「地域とのつながりを深める」と答え、参加者に日頃の備えの重要さを思い起こさせた。前述の防災カルテは市役所や公民館、市のホームページで閲覧可能。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る