房総往来 懐かしの岬

山里 吾郎

 全編を貫く「ふしぎさ」には、もちろん大きな感動を覚えた。だが、自分にとってここは「ふしぎな岬」ではなく、幼少期の想いが詰まった「懐かしの岬」である▼モントリオール世界映画祭で2冠を受賞した評判の映画「ふしぎな岬の物語」を鑑賞した。原作の「虹の岬の喫茶店」(森沢明夫著)は出版(2011年6月)直後に通読、今回の執筆にあたっては「懐かしの岬」にも久々に足を運んだ▼実はモデルの明鐘岬は生まれ故郷・鋸南町のなかでもひときわ思い出深い場所。小学生から高校生まで、海好きだった父のお伴で毎週末のように訪れた▼目的は潜り。今なら密漁だが、まだ資源も豊富で地元民なら大目に見てもらえた時代。サザエやアワビなどの獲物を求めて荒波の岩礁を懸命に潜った▼なかでも鋸山のすそ野が東京湾に深く落ち込み、多くの奇岩が突き出た明鐘岬は危険と裏腹の大物ポイントだった。先端の“兜岩”目指して若者は何度となく潜水を試みたものだ▼この岬の入口に喫茶店が出来たのは良く知っていた。実家への帰りだったか、立ち寄った記憶もある。経営者の玉木節子さんは実は同級生。3年前に火災で全焼したことももちろん知っていた▼その周知の岬が物語となり映画化された。オムニバス風の原作を愛情たっぷりのヒューマンドラマに仕立てあげた秀作。主人公役の吉永小百合はもちろん笑福亭鶴瓶、阿部寛さんら芸達者な役者が物語全体に温かみと厚みを加えている▼ところで岬の喫茶店だが、予想通りだったとはいえ大変な混雑。評判の珈琲さえ飲めなかったのが心残りだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…
  2. 昨年9月、10月の台風は、市原にも大きな被害を出し、ニュースとして連日報道された。今月19日には、気象庁がこの2つの台風に対し、災害における…
  3.  40年余り自宅の一室で開いている洋裁教室で、小物づくりと洋裁を仲間とともに楽しんでいます。私がつるし雛に出会ったのは、平成14年2月、伊…
  4.  冬の代表的スポーツと言えばスキー。今年度の市民スキー教室が1/24(金)夜~1/26(日)、長野県木島平で小学生から70歳代までの市民が…
  5. 1月28日(火)、市原警察署にて、令和元年署長感謝状の贈呈式が行われました。シティライフも、昨年から本紙に掲載する防犯特集記事が支援・協力に…
  6.  五井駅西口から歩いて十分ほどの所にこの神社はある。社伝によると、大宮神社の社名は広大な境内に由来し、鎮座は景行天皇の御代、日本武尊が御東…
  7. 去年の秋の凄まじい台風の影響で、巣箱が全滅に近い被害を受け、いったんは諦めかけた養蜂もどうやら長く寒い冬を生き抜く事ができそうです。桜の花が…
  8.  2018年3月、市原市君塚にオープンした『和み処 白金茶寮(しろがねさりょう)』。『やちばあちゃん秘伝のだんご』をテーマに地元の素材を生…
  9. いすみ市下布施の県道沿いの田んぼでは、冬の間、コハクチョウの群れが餌をついばんでいる。大多喜町在住の土屋治雄さんは、その姿を写真に収め、観察…
  10. 「背筋を伸ばして」と声が掛かり、「おはようございます」と全員で手をつき丁寧に挨拶する。床の間に飾られた掛け軸や花、花入れを愛で、季節や先人た…

ピックアップ記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る