房総往来 懐かしの岬

山里 吾郎

 全編を貫く「ふしぎさ」には、もちろん大きな感動を覚えた。だが、自分にとってここは「ふしぎな岬」ではなく、幼少期の想いが詰まった「懐かしの岬」である▼モントリオール世界映画祭で2冠を受賞した評判の映画「ふしぎな岬の物語」を鑑賞した。原作の「虹の岬の喫茶店」(森沢明夫著)は出版(2011年6月)直後に通読、今回の執筆にあたっては「懐かしの岬」にも久々に足を運んだ▼実はモデルの明鐘岬は生まれ故郷・鋸南町のなかでもひときわ思い出深い場所。小学生から高校生まで、海好きだった父のお伴で毎週末のように訪れた▼目的は潜り。今なら密漁だが、まだ資源も豊富で地元民なら大目に見てもらえた時代。サザエやアワビなどの獲物を求めて荒波の岩礁を懸命に潜った▼なかでも鋸山のすそ野が東京湾に深く落ち込み、多くの奇岩が突き出た明鐘岬は危険と裏腹の大物ポイントだった。先端の“兜岩”目指して若者は何度となく潜水を試みたものだ▼この岬の入口に喫茶店が出来たのは良く知っていた。実家への帰りだったか、立ち寄った記憶もある。経営者の玉木節子さんは実は同級生。3年前に火災で全焼したことももちろん知っていた▼その周知の岬が物語となり映画化された。オムニバス風の原作を愛情たっぷりのヒューマンドラマに仕立てあげた秀作。主人公役の吉永小百合はもちろん笑福亭鶴瓶、阿部寛さんら芸達者な役者が物語全体に温かみと厚みを加えている▼ところで岬の喫茶店だが、予想通りだったとはいえ大変な混雑。評判の珈琲さえ飲めなかったのが心残りだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る