「下手」は人を幸せにする

 りんごや柚子、シクラメンなど絵手紙のモチーフを各自持参し、講座開始前から見せ合って和気あいあいと楽しい雰囲気の参加者たち。11月4日に南総公民館で行われた『冬の絵手紙教室 年賀状に挑戦!』講座だ。参加者は18名。『日本絵手紙協会』公認講師、向井艶子さんは「相手のことを思い、心をこめてかきましょう。『ヘタでいい、ヘタがいい』が絵手紙のキャッチフレーズ。世界で1枚だけの絵手紙を作りましょうね」と気さくな笑顔で話した。
 味のある作品を生み出すための心得は、下書きをせず、ぶっつけ本番でかくこと。これは、最初にかくものが一番よい出来であることが多いから。他人の絵や手本は見ない。実物をよく見て、はみ出すくらい大きく一つだけかく。線と文字はゆっくりと。1秒間に1ミリ筆を進めるのがちょうどよい速さ。色塗りは手早く叩くように。塗り残しが趣を出すので塗り過ぎないこと。一番大切なのは言葉。頂いたりんごのお礼であれば、ただ「ありがとう」ではなく、「甘くて美味しかったよ」など素直な言葉を入れるとよい。そして、かき上げたら必ずポストイン。
「下手な絵手紙は受け取り手をほのぼのとさせる。面白いなと何度も手に取って見てくれるわよ。『これなら私でも書けそう』と思わせてあげて」との向井さんの言葉に「それなら気楽に出せるわ」と参加者は明るく笑った。
 最後は黒板にそれぞれの絵手紙を貼って発表タイム。ミニ赤かぶの絵を添えて「今年もかぶあげましょう」、柿の絵で「羊は柿喰うか」などユニークな作品が続出。「美味しそうな柿の色ね」など、それぞれの長所をピックアップしながら向井さんは楽しく講評した。今年の年賀状、絵手紙に挑戦してみては?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る