もしもコンサート中に大地震が起きたなら

 東日本大震災が起きてから今年で4年が経つ。その間にも、広島の土砂災害や御嶽山の噴火など自然災害が頻発している昨今。コンサート会場、ホールなどで観劇や音楽鑑賞中に大地震が発生したら。そんな設定で1月31日に市原市市民会館大ホールで催されたのが、避難訓練付きの『ものまねコンサート』だ。主催は(公財)市原市文化振興財団。
 同コンサートの合間、司会のお笑いコンビ『パッチワーク』が軽快なトークでネタを披露している最中に「ゴォーッ」と轟音が響いた。直後、地震が起きたことを知らせるアナウンスが流れ、公演は中断された。訓練であることは全員が承知しているものの、約250名の観客は真剣な面持ちで身をかがめ、頭を守る姿勢をとった。その後、火災発生を知らせるけたたましいサイレンの音が鳴り、緊張が走る。そして同財団職員の誘導のもと、屋外へ避難した。屋外では、同職員が災害発生と火災など二次災害の有無について大きな声で報告し、訓練は終了。観客は再びホールに戻ってコンサートを楽しんだ。
 震度5弱の地震の発生を想定して行われた今回の訓練について、市原市中央消防署の署長、市原与志雄さんは「要領よく行動できたと思います」と講評し、「実際に同規模の地震が起きると大きな揺れが生じ、火災が発生すれば煙が充満する。恐怖を覚える人も多いと思いますが、落ち着いて行動することが大切」と呼びかけた。
 今回のイベントの目的は、避難訓練だけではなくもちろんコンサートを楽しむこと。前半は、演歌歌手として活躍中の栗田けんじさんによるステージ。谷村新司のものまねで『チャンピオン』、ペ・ヨンジュンのものまねで『最初から今まで』などを披露した。また、持ち歌の『消防団の唄』を熱唱した際には、初めは恥じらいがあり、出演者からの声かけに消極的だった観客からも自然と手拍子が沸き起こった。後半は松田聖子のものまねでお馴染みの斉藤ルミ子さんが純白のドレスで登場。『赤いスイートピー』、『天使のウインク』などを歌った。
「大きいホールで災害が起きた際に、どのように動けばいいかが何となくわかった」、「コンサートもよかったし、こういった訓練をまた行ってほしい」と参加者。同財団の石川照明さんは「毎年2回、職員だけで訓練を行っていたが、観客を交えて行うのは初めて。職員が避難誘導をする訓練であると同時に、お客様に防災意識を高めてほしいと思い企画しました。実際には車椅子の方や目の不自由な方、足腰の悪い方などがいらっしゃって様々な気配りが必要となることがわかりました。現実に災害が起きたときに、この訓練を生かしたい」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る