檀家の熱意でお寺に鐘の音を

 市原市飯沼にある曹洞宗の龍昌寺で、2月15日、鐘楼再建落慶祝賀会が開催された。創建以来約360年、荘厳な音色を地域に響かせてきた龍昌寺の鐘楼は、幾度も修繕や再建を繰り返し保持されてきた。今回再建した鐘楼は、昭和48年に建てられたもので、老朽化により倒壊の危険性が高く、この数年は鐘をつかなくなっていた。
 龍昌寺は開山してすでに400年以上、飯沼・松ヶ島・出津地区で200軒以上の檀家から崇敬されている。一昨年の夏、檀家有志により「先祖供養と地域安寧を祈ってきた鐘楼の維持を」との声が集まり、建設委員会が立ち上げられた。圧倒的多数の檀家が賛同し、地元の工務店等に工事を依頼、事業はすべて奉賛金の浄財でまかなった。
 祝賀会当日は、地域の人たちや関係者約160名が出席。本堂にて落慶法要と参加者の焼香で、先祖供養、戦病死者の鎮魂、被災地の復興祈願を行った。さらに地元の高齢者による『道元講』で、飯沼地区では昔から新築などのお祝いに唱えるという、民謡のような節回しの念仏が披露された。
 式典は、最初に木目も瓦葺きも新しく美しい鐘楼にて、来賓による奉賛金芳名額除幕と鐘の初撞き。久しぶりに重厚に響く鐘の音を聞いた出席者らからは、いっせいに感嘆と拍手がおくられた。続いて寺に隣接する飯沼公民館ホールで、事業の経過報告や施工業者へ感謝状の贈呈などを行い、地域の子どもたちが合唱『きみに伝えたい』『世界がひとつになるまで』の2曲を演奏。明るく優しいハーモニーで祝った。
 鐘楼再建に携わった檀家代表は「鐘楼を後世に引き継ごうと、多くの皆さんのご協力と賛同で、部分改修ではなく全面改修に決定し、工事も順調にいきました。これからも鐘楼の維持管理に努めて、先祖が守ってきた鐘の音を伝えていきたいと思います」と語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る