檀家の熱意でお寺に鐘の音を

 市原市飯沼にある曹洞宗の龍昌寺で、2月15日、鐘楼再建落慶祝賀会が開催された。創建以来約360年、荘厳な音色を地域に響かせてきた龍昌寺の鐘楼は、幾度も修繕や再建を繰り返し保持されてきた。今回再建した鐘楼は、昭和48年に建てられたもので、老朽化により倒壊の危険性が高く、この数年は鐘をつかなくなっていた。
 龍昌寺は開山してすでに400年以上、飯沼・松ヶ島・出津地区で200軒以上の檀家から崇敬されている。一昨年の夏、檀家有志により「先祖供養と地域安寧を祈ってきた鐘楼の維持を」との声が集まり、建設委員会が立ち上げられた。圧倒的多数の檀家が賛同し、地元の工務店等に工事を依頼、事業はすべて奉賛金の浄財でまかなった。
 祝賀会当日は、地域の人たちや関係者約160名が出席。本堂にて落慶法要と参加者の焼香で、先祖供養、戦病死者の鎮魂、被災地の復興祈願を行った。さらに地元の高齢者による『道元講』で、飯沼地区では昔から新築などのお祝いに唱えるという、民謡のような節回しの念仏が披露された。
 式典は、最初に木目も瓦葺きも新しく美しい鐘楼にて、来賓による奉賛金芳名額除幕と鐘の初撞き。久しぶりに重厚に響く鐘の音を聞いた出席者らからは、いっせいに感嘆と拍手がおくられた。続いて寺に隣接する飯沼公民館ホールで、事業の経過報告や施工業者へ感謝状の贈呈などを行い、地域の子どもたちが合唱『きみに伝えたい』『世界がひとつになるまで』の2曲を演奏。明るく優しいハーモニーで祝った。
 鐘楼再建に携わった檀家代表は「鐘楼を後世に引き継ごうと、多くの皆さんのご協力と賛同で、部分改修ではなく全面改修に決定し、工事も順調にいきました。これからも鐘楼の維持管理に努めて、先祖が守ってきた鐘の音を伝えていきたいと思います」と語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る